FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Beauty

    メイクでかぶれる「敏感肌」の秘密。その謎と対処法につながる新事実が明らかに

  1. Share

  2. お気に入り

    13

メイク用パウダーと口紅

「敏感肌」といわれるように、メイクをすると肌がかぶれてしまうと悩んでいる人は少なくないかもしれません。その原因になる成分はいろいろですが、アレルギーが関係しているようです。しかし、そうしたかぶれがなぜ起こるのかよくわかっていない部分も。このたび、化粧品によるかぶれの秘密について新発見がありました。対処を考えるヒントになるかもしれません。


メイクで肌が荒れてしまう理由とは

メイクする女性

植物や薬品に触れたとき、肌にヒリヒリした痛みや赤みが出るのが「かぶれ(接触皮膚炎)」です。肌にかぶれを起こす原因としては、植物の漆の樹液などがよく知られています。そんな肌のかぶれは化粧品を使ったときにも起こる場合があります。最近でも海外では、保湿剤やクリームのほか、ナチュラルやヴィーガンをうたっている商品によるかぶれが報告されており、気をつけたい症状といえるでしょう。

アレルギーを起こす成分はさまざまなものがあるのですが、化粧品のかぶれがどうして起こるのかはっきりしない場合も多かったようです。原因がよくわからないために、防いだり、治したりする手段が限られているという問題がありました。このたび米国コロンビア大学の研究グループが、化粧品やクリームを使ったときにどうしてかぶれることがあるのかについて新発見を報告しました。

かぶれの引き金を引くのは…

クリームを手にとる女性

こうしてわかったのは、化粧品やクリームによるかぶれの原因につながるカギを握るのが化粧品の香り成分などであることでした。具体的には、香料などになるペルーバルサムやファルネソールといった成分が自然のリピッド(脂質成分)を変換させ、通常は起きないような肌のかぶれを引き起こしやすくする可能性が示されたのです。敏感肌とひとくくりにされがちなかぶれですが、背景にはこうした免疫反応の変化が隠れているようです。

研究グループは対処を考えるヒントになる可能性を指摘しています。というのも、研究グループは、問題になる成分の働きを止める、別のタイプのリピッドをすでに見つけているからです。従来ならば化粧品の使用をやめるほか、場合によってはかぶれを止める薬を使う必要があったのですが、この場合には副作用も心配されていました。今後、研究が進んでくれば、より安全で効果的な方法が登場して、化粧品などによるかぶれをもっと防いだり、簡単に治せたりできるようになるのかもしれません。

<参考文献>

薬剤による接触皮膚炎(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1a17.pdf

Study Explains Why Some Creams and Cosmetics May Cause a Skin Rash
https://www.cuimc.columbia.edu/news/study-explains-why-some-creams-and-cosmetics-may-cause-skin-rash

Human T cell response to CD1a and contact dermatitis allergens in botanical extracts and commercial skin care products
https://immunology.sciencemag.org/content/5/43/eaax5430

Dermatitis. 2019 Nov 1. doi: 10.1097/DER.0000000000000536. [Epub ahead of print] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31688136

Contact Dermatitis. 2019 Dec 4. doi: 10.1111/cod.13449. [Epub ahead of print] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31802502

Contact Dermatitis. 2019 Dec 15. doi: 10.1111/cod.13454. [Epub ahead of print] https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/31840261

星 良孝 <ステラ・メディックス>

星 良孝 <ステラ・メディックス>

ステラ・メディックス代表取締役社長/編集者 獣医師  専門分野特化型のコンテンツ創出を事業として、医療や健康、食品、美容、アニマルヘルスの領域の執筆・編集・審査監修をサポートしている。代表取締役の星良孝は、東京大学農学部獣医学課程を卒業後、日本経済新聞社グループの日経BP社において「日経メディカル」「日経バイオテク」「日経ビジネス」の編集者、記者を務めた後、医療ポータルサイト最大手のエムスリーなどを経て、2017年に会社設立。https://stellamedix.jp

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13
  1. アレルギー
  2. 肌荒れ

関連記事

  1. Beautyお米の力で美肌に!?米ぬか由来の自然派スキンケア「inaho」でゆらぎ肌を解消! #Omezaトーク

    お米の力で美肌に!?米ぬか由来の自然派スキンケア「inaho」でゆらぎ肌を解消! #Omezaトーク

    33
  2. Beautyマスクでも美肌を保ちたい! マスク着用時の肌荒れを防ぐ5つの方法

    マスクでも美肌を保ちたい! マスク着用時の肌荒れを防ぐ5つの方法

    20
  3. Beauty「医薬部外品」ってどんなもの?リスクを避けてキレイを保つスキンケアの選び方

    「医薬部外品」ってどんなもの?リスクを避けてキレイを保つスキンケアの選び方

    29
  4. Beautyニキビは種類別に対策を!エステティシャンが伝授、ニキビを作らないスキンケア法

    ニキビは種類別に対策を!エステティシャンが伝授、ニキビを作らないスキンケア法

    30

あわせて読みたい

Pickup