FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    39

焼きパプリカの和風マリネ

カラフルな色合いで、食卓の彩りにも活躍してくれるパプリカの和風マリネです。グリルで焼くことで、甘味が増しておいしくなりますよ♪


作り置きレシピ「焼きパプリカの和風マリネ」

【材料】(作りやすい分量)
パプリカ(赤・黄) 各1個
◎酢 大さじ2
◎砂糖 大さじ1
◎しょうゆ 大さじ1
◎ごま油 大さじ1
黒いりごま 適量

【作り方】
(1)パプリカは縦半分に切って種とわたをとり、グリルで外側を上にしてこんがり焼いて皮をむく。
(2)◎の調味料を混ぜ合わせて、パプリカを加えて混ぜる。黒いりごまをふる。

【ポイント】
・パプリカは黒くこげ目がつくまで焼いてください。
・保存期間は冷蔵で4日になります。

パプリカにはビタミンCが豊富に含まれています。パプリカの栄養はピーマンとほぼ同じですが、じつはパプリカのほうがビタミンCやビタミンEが豊富に含まれます。

ビタミンCは熱に弱く壊れやすい栄養素ですが、パプリカのビタミンCは繊維質に守られているため壊れにくくなっています。

パプリカにはさまざまな色がありますが、じつは色の違いで味も少し異なり、赤は少し甘く、黄色は少し苦味があります。

パプリカの彩りとおいしさを堪能できる和風マリネ。ぜひ、作ってみてくださいね。

中井 エリカ

中井 エリカ

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    39

関連記事

  1. Dietいつもの漬け物とひと味違うおいしさ! 「大根のラー油漬け」 #今日の作り置き

    いつもの漬け物とひと味違うおいしさ! 「大根のラー油漬け」 #今日の作り置き

    6
  2. Diet大量でも食べやすい! とろ~り絶品「白菜のくたくた煮」 #今日の作り置き

    大量でも食べやすい! とろ~り絶品「白菜のくたくた煮」 #今日の作り置き

    12
  3. Diet大量消費してもダイエットにうれしい! 「キャベツのごまマヨ和え」 #今日の作り置き

    大量消費してもダイエットにうれしい! 「キャベツのごまマヨ和え」 #今日の作り置き

    14
  4. Diet切って漬けるだけ! 歯応えがおいしい「かぶのしょうゆ漬け」#今日の作り置き

    切って漬けるだけ! 歯応えがおいしい「かぶのしょうゆ漬け」#今日の作り置き

    8

あわせて読みたい

Pickup