FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    「オリーブオイル」「MCTオイル」「エゴマ油」…本当に体に必要な油はどれ?

  1. Share

  2. お気に入り

    4

野菜にオイルをかける女性の手元

ここ数年来つづくオイルブーム。話題になっていたから手に取ったものの、使い切らないし、効果もよくわからないし...なんて人は意外と多いのでは? 今回は管理栄養士の伊達友美先生に「これこそ、必要なオイル!」を教えていただきました。


もっとも必要なのは“体内でつくれない油”

やせるためには、「油抜きダイエット」をする。というのは、かなり昔のダイエットの常識ですね。油は確かに高カロリーですから、ダイエッターには、まだまだ手を出せない人も多いとは思いますが。
最近では、「ヘルシーオイル」のブームもあって、油抜きする人は、だいぶ少なくなりました。ただし、油は量よりも「質」の問題が大きいので、どんな油を選ぶか?が重要です。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、店頭から商品が無くなるほど話題になりましたね。さらに、進化してMCTオイルのダイエットも流行しました。ココナッツオイルをとりやすく液体化したもので、中鎖脂肪酸の豊富なオイル。燃焼しやすく、体脂肪になりにくいといわれています。

ただし、このココナッツオイルとMCTオイルは「飽和脂肪酸」。肉の脂身やバターと同じ種類の油です。基本的には、体の中でつくることができるタイプの油なので、食品からとらなくても大丈夫。確かに脳の機能を上げるとか、認知症を改善するという作用はあるといわれていますから、それを目的にとるのであればよいでしょう。

ヘルシーなイメージのあるオリーブオイルも、含まれるのは「オメガ9脂肪酸」がほとんど。これもまた体の中でつくることのできるタイプですから、どうしても食品からとらなければいけないというオイルではありません。

オススメなのはオメガ3脂肪酸!

ダイエットにオススメなのは、「オメガ3脂肪酸(n‐3系脂肪酸)」という種類の油です。
必須脂肪酸なので、体の中でつくることができません。食品からとるしかない油。植物油では、エゴマ油・シソ油・アマニ油などに多く含まれています。植物性だけというわけではなく、動物性の魚に含まれるDHAやEPAも、このタイプの脂です。

そう、一般的にイメージされている「植物性のほうが体にいい」というのは、幻想ですよ。ちなみにDHAやEPAは、青魚(サンマやサバなど)に多いといわれていますが、これにこだわらなくても大丈夫。確かに白身魚に比べると、青魚はDHAやEPAの量は多いのですが、クセがあって苦手な人も多いですからね。(私も苦手です)

よく「旬の魚は脂が乗っている」といいますが、これがポイント。
その季節に多くとれる魚には、DHAやEPAも多く含まれています。お寿司屋さんや居酒屋さんにいったら、「季節のオススメ」メニューをチェックして、注文しましょう。
スーパーなどで魚を買うときも、そのときに一番多く売られていて、安いものを選ぶとよいでしょう。旬の魚は、ダイエットにも節約にも役立ちます。

オメガ3脂肪酸は、非常に熱に弱くデリケートな油なので、できるだけ加熱しないで生でとるのも重要なポイントです。寿司や刺身、カルパッチョなど生のお魚料理を週1~2回は食べるとよいでしょう。

魚からとれるとはいえ、毎日とるには難しそう…と思いませんか? じつは、オメガ3はヘルシーなおやつからも手軽に摂取できるんです。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    4
  1. MCTオイル
  2. オイル

関連記事

  1. Healthcare自分に合うのはどれ?体の不調を整える『本当に使えるオイル』

    自分に合うのはどれ?体の不調を整える『本当に使えるオイル』

    5
  2. Diet10kgやせ成功者が教えるダイエットしながら美肌を保つ食ルールとは?

    10kgやせ成功者が教えるダイエットしながら美肌を保つ食ルールとは?

    17
  3. Diet食事やコーヒーに入れるだけ。「MCTオイル」のダイエット効果

    食事やコーヒーに入れるだけ。「MCTオイル」のダイエット効果

    107
  4. Diet食べてもやせる? -20kgを実現した管理栄養士が教える糖質制限のコツ

    食べてもやせる? -20kgを実現した管理栄養士が教える糖質制限のコツ

    30

あわせて読みたい

Pickup