FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    【東京・神田】食の都ポートランド発!国内唯一のワインが飲める、話題のエシカルレストランOPEN!

  1. Share

  2. お気に入り

    58

レストランROSYのお料理

東京神田にある『北乗物町』という町。
江戸時代、駕籠(かご)職人が住んでいたなど、駕籠にまつわる場所として、古くは職人の町とされていたこの場所に、昨今増えつつあるオーガニックレストランを極めた『サスティナブルキッチンROSY』が2018年9月27日にオープン!ランチからディナーまで楽しめて、国内でもここでしか取り扱いのないオーガニックワインが飲める『サスティナブルキッチンROSY』は、最寄り駅『JR神田駅』から徒歩数分とアクセスのよさも抜群なんです。


アメリカのヴィンテージやアンティークで囲まれた空間

レストランの店内

築60年の古民家をリノベーションして創られた『ROSY』の店内は、アメリカの超貴重なヴィンテージランプで彩られていて、テーブルやツールなどもすべて鉄の職人と木の職人がこだわりぬいて作っています。

店内奥にあるトイレの扉も、これもまたアメリカのアンティークを使用していて、古きよきものと一流の職人芸のぬくもりが感じられるようになっています。

ROSYの店内(テーブル)

調理器具やスタッフウエアも、健康に配慮

健康に配慮したのは、料理だけではないのがROSYのすごいところ。
例えばフライパンなどの調理器具。有害物質を出さないフライパン『グリーンパン』の最新モデルを使用しているんです。

『グリーンパン』といえば、人気ドラマ“逃げ恥”でも使用された注目のブランド。さらにスタッフのエプロンは、廃棄予定の野菜を染色化して染めた素材『フードテキスタイル』を採用。もちろん店内で使う食器類もプラスチック容器やストローを使用していません。

環境・人・健康すべてにおいて全面配慮したさまざまなアイテムを『ROSY』では使用しているんですよ。

絶対飲みたいオーガニックワイン

ここに来たら、絶対オーダーしてもらいたいのが、オレゴンのピノノワールワインです。
生産から加工まで、一貫した認証基準をクリアしていて、オーナーが自ら交渉し取り扱いに至った、まさにここでしか飲めないワインなんです。

オーガニック赤ワイン

グラス一杯からオーダーできて、飲んだ感じはというと、クセもなく飲みやすいんです。ボトル一本空けても翌日に影響がないのは、このワインならではでしょう。

お酒が苦手な人には、オーガニックザクロソーダがおすすめです。
こちらもすっきりとしたなかに、甘味と酸味が感じられた一杯。ほかにもアップルなどソフトドリンクは8種、ワインは20種、ビールは8種揃えています。
飲み比べするのも楽しそうですね。

ビーガン&ベジメニューが大充実!

ビーガン&ベジタリアンメニューを豊富に揃えるROSY。

ディップサラダ

ぜひオーダーしてほしいのは、10種類の野菜をそれぞれ最もおいしい食べ方で食べられる『サスティナブル野菜のディップサラダ』。

添えられたソースは、その時季の旬の野菜をムースにしたもので、ひと皿まるごと野菜を楽しめます。

北海道大豆のフムス

また、中東の伝統的料理であるフムスといえば、ひよこ豆が定番ですが、ROSYでは北海道産大豆を使用。

ビーツの色が鮮やかで味は練りごまがきいたちょっぴり和風テイストのフムスは、自家製酵母をたっぷり使ったカンパーニュやフォカッチャにつけて食べるのがおすすめです。

肉好き必見!希少なナチュラルミートをほおばって!

ROSYではお肉メニューもはずせません。
おすすめは、五つ星ビーフと呼ばれる九十九里の牛を使用した『九十九里オーシャンスタービーフ タリアータ』。

九十九里オーシャンスタービーフ タリアータ

サシがきめ細かく、口の中でどんどん溶けていくこのビーフ。ROSY自慢のポートランドワインを使ったソースと、付け合わせの旬の野菜と一緒に食べると、ますます食がすすみます。

保美豚のテネシースペアリブ

究極のナチュラルポークを使った『保美豚のテネシースペアリブ』も、見た目はボリューミーなのに、なぜかあっさりと食べきれてしまうほど美味!

厚みがすごいのにナイフがすっと入ってしまう柔らかいこのお肉。オリジナルスパイスの味つけが、なんとも絶妙なひと皿です。

お食事の最後には、お腹いっぱいでも別腹であっさり完食できる、至福のデザート『平飼い卵のプリン』をぜひ召し上がってください。

平飼い卵のプリン

食べれば食べるほど健康になるレストランを目指す『ROSY』は、なかなか夜は出かけられないママにもぴったり! ヘルシーなワンプレートランチメニューは11時30分~14時30分まで実施しています。

ぜひ訪れてみてくださいね。

【取材協力】
※ サスティナブルキッチンROSY
東京都千代田区神田北乗物町11
営業時間 11時~23時30分(L.O.22時)
定休日 日曜・祝日
URL http://kitchenrosy.com/

写真・文/高田空人衣

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    58
  1. オーガニック
  2. ビーガン
  3. ベジタリアン

関連記事

  1. Dietスペイン・バルセロナのヴィーガン専門店の「ベジー・バーガー」をレポート

    スペイン・バルセロナのヴィーガン専門店の「ベジー・バーガー」をレポート

    76
  2. Lifestyleベジタリアンでも肉を食べる!? 「シーンに応じて柔軟に」が長続きの秘訣

    ベジタリアンでも肉を食べる!? 「シーンに応じて柔軟に」が長続きの秘訣

    16
  3. Lifestyleニューヨークで自家製納豆を製造販売!? その意外なおいしさにアメリカでもファン急増中!

    ニューヨークで自家製納豆を製造販売!? その意外なおいしさにアメリカでもファン急増中!

    56
  4. Diet柑橘好きにはたまらない!モデルAYUMIさんプロデュースレシピを恵比寿で満喫 #Omezaトーク

    柑橘好きにはたまらない!モデルAYUMIさんプロデュースレシピを恵比寿で満喫 #Omezaトーク

    30

あわせて読みたい

Pickup