FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    収穫の秋! おいしい新米を、カロリーを気にせず食べるコツ

  1. Share

  2. お気に入り

    9

炊飯器を開けた炊きたてご飯の画像

新米のおいしい季節です。近年、新しいブランド米も続々と登場し、味や食感の違いを食べ比べるのも楽しいもの。ついつい食べすぎてしまいがちですが、ダイエット中でも太らない、賢い食べ方のコツを押さえておきましょう。


ヘルシー食材でかさを増やすのがポイント

冷蔵庫を開けて悩んでいる女性の画像

「ご飯の過食を防いで太らない食べ方のコツは、1回で食べるご飯の量を減らすこと。つまり、野菜やきのこ、海藻、こんにゃく、豆腐などの低カロリー食材をご飯に混ぜてかさを増やすことです」と話すのは、管理栄養士の大越郷子先生。

白米の量を減らしてこれらの食材と置き換えることで、カロリーや糖質を控え、ビタミンやミネラル、食物繊維、たんぱく質など、白米に少ない栄養素をプラスすることができます。

「たとえば、いつも白ご飯を茶碗1杯(150g)食べている場合、約250kcal摂取しています。ご飯を減らして野菜や豆腐などをプラスした混ぜご飯や炊き込みご飯なら、カロリーは300kcalくらいでもOK。主食におかずが1品ついていると考えれば問題ありません。秋の味覚を具にしたさつまいもご飯や栗ご飯もおいしいですが、カロリーや糖質量の点からいうとあまりおすすめできません。きのこご飯は◎」(大越先生)

このほか、白米に食物繊維の豊富な雑穀を加えるのもおすすめ。少量のご飯をたっぷりの水分で煮るおかゆやリゾットも、満腹感を得られるメニューです。

以上のコツを押さえれば、おいしいご飯をしっかり食べてもダイエットは可能です!

次のページでは、ダイエット中でもおすすめの低カロリーご飯レシピをご紹介します。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. おいしく食べてやせる
  2. レシピ
  3. 疲労回復
  4. 美肌
  5. 食物繊維

関連記事

  1. Dietダイエットの神食材! 秋の味覚「きのこ」で食べやせレシピ

    ダイエットの神食材! 秋の味覚「きのこ」で食べやせレシピ

    7
  2. Healthcare1日1杯「みそ汁健康法」のヒミツ。美肌・がん予防になるレシピ!

    1日1杯「みそ汁健康法」のヒミツ。美肌・がん予防になるレシピ!

    17
  3. Healthcare秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    13
  4. Healthcare疲労回復に◎! 美肌をつくるおすすめの野菜ベスト3&レシピ

    疲労回復に◎! 美肌をつくるおすすめの野菜ベスト3&レシピ

    53

あわせて読みたい

Pickup