FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    50

(正しい姿勢正面)      (横から見た正しい姿勢)

これまで1万人以上を美ボディに導いてきた、“ダイエット王子”こと小山圭介先生が、ダイエットのお悩みや疑問に答えます。

食事や運動のダイエットをがんばっても、悪い姿勢がクセになっているとボディラインが崩れてしまうそう。今回は、太るNG姿勢のチェック項目、正しい姿勢や歩き方の基本について、小山先生に教えていただきます。


〈今回のお悩み〉

「猫背だね」と人からよく言われます。後ろから見ると、背中が丸く太った印象のようです…。姿勢をキレイにして印象をよくするには、どうすればいいのでしょうか?

姿勢を美しくすれば、ボディラインが整う

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

日常生活で悪い姿勢がクセになっていると、体がゆがんで筋肉の使い方が偏り、脂肪がつきやすくなります。また、背中の丸まった姿勢と背すじが伸びた姿勢では、印象も変わってきますよね。

「姿勢を整える」ことは、ダイエットの基本。キレイな姿勢を習慣化すれば、筋肉がバランスよく使えるようになって、おなか、お尻、脚などのたるみが引き締まります。

まずは、次のNG姿勢のタイプに当てはまらないか、チェックしてみましょう。

【NG姿勢1】猫背巻き肩タイプ

(横から見た悪い姿勢猫背)        (正面から見た悪い姿勢猫背)

《チェック項目》
□肩が前に出て、内側に巻いている
□首、あごが前に出ている
□おなかの力が抜けて、ポッコリ出ている
□手の甲が前に向いている

猫背巻き肩タイプは、おなかの力が抜けていて、太もも前面の筋肉で体重を支えているため、前ももが張っています。一方、太ももの裏側、お尻の筋肉は衰えてたるんでいます。

【NG姿勢2】内股のゆがみタイプ

(悪い姿勢ひざが曲がっている)       (悪い姿勢内また)

《チェック項目》
□ひざが内側を向いている
□普段、内また歩きをしている
□横から見たときに、ひざが軽く曲がっている
□手の甲が前に向いている

骨盤は内側に、大転子(大腿骨の上部の出っ張り部分)は外側にねじれているタイプ。
下半身への血液やリンパの流れが悪く、冷えて脚がむくみやすくなっています。

【NG姿勢3】前重心の出っ尻タイプ

(悪い姿勢腰が反っている)

《チェック項目》
□胸を張り過ぎている
□腰が反っている
□お尻が後ろにつき出ている
□骨盤が前傾している

胸を張り過ぎて肋骨が開き、お尻が後ろにつき出たタイプです。
骨盤が前傾し、重心が前に偏っています。胸を不自然に張っているので背中や腰の筋肉が緊張。腰痛を招いています。

「やせる姿勢」のつくり方5つのポイント

姿見など鏡を見ながら、次の正しい姿勢をつくってみましょう。

(正しい姿勢横から見た場合) (正しい姿勢正面から見た場合)

【1】左右の肩の高さを水平にする
【2】背すじを自然に伸ばす
【3】おなかを引っ込めて、引き上げる(IN&UP)
【4】手のひらを太ももの横につけ、両手の甲を外側に向ける
【5】お尻を締める

姿勢を保つとき、下半身だけではなく、おなかや背中などの筋肉をバランスよく使うことで、下半身への負荷を減らすことができ、前太ももの張りがなくなります。
この正しい姿勢をキープしているだけで、おなか、お尻などの筋肉が使われているのが実感できるはずです。

「やせる歩き方」は着地がポイント

次は、正しい歩き方です。脚の筋肉をバランスよく使うには、着地の順番がポイントになります。

かかとかた着地している足のアップ

着地するときは、「かかと」→「母趾球(親指のつけ根のふくらんだ部分)」の順に踏みこみましょう。1本の線の上を歩くイメージを持ちます。

(美しい姿勢で歩く男性)

さらに、上の正しい立ち姿勢のおなかのIN&UP(引っ込めて引き上げる)をキープしたまま、大股で速足(いつもの1.5倍ぐらい)で歩くと、代謝が高まります。

日常生活で、ときどきに鏡やガラスに移った自分の姿をチェックし、キレイな立ち姿勢、歩き方を意識することからはじめましょう。見た目も自信に満ちた印象に変わっていきます。

 

撮影/徳永徹 取材・文/掛川ゆり

 

 

小山 圭介

小山 圭介

ダイエットトレーナー&メンタルコーチ。
ホットヨガスタジオLAVAのプログラム開発を経て、ダイエット合宿施設『LAVAビレッジ伊豆高原』を立ち上げる。これまで1万人以上にダイエット指導を行う。メンタル・食事・運動など、さまざまなアプローチで健康な体をつくるダイエット法を提案している。テレビ、雑誌、WEBなどメディアでも活躍中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    50
  1. キレイな姿勢
  2. ボディライン
  3. 姿勢
  4. 巻き肩
  5. 歩き方
  6. 猫背

関連記事

  1. Fitness痩せにくい「二の腕」を簡単に細くする方法は?

    痩せにくい「二の腕」を簡単に細くする方法は?

    110
  2. Fitness運動が苦手でも、簡単に体を引き締められる方法は?

    運動が苦手でも、簡単に体を引き締められる方法は?

    31
  3. Fitness「深い呼吸」をすると、痩せやすくなる?

    「深い呼吸」をすると、痩せやすくなる?

    43
  4. Fitness美脚になるつま先ウォーク! ふくらはぎを鍛えて脂肪燃焼

    美脚になるつま先ウォーク! ふくらはぎを鍛えて脂肪燃焼

    35

あわせて読みたい

Pickup