FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    35

 

 

A 太もも

Aの画像

グッドチョイス!

大きい筋肉で動くのを意識しやすい部位だから、筋肉がつきやすい
大きい筋肉や動かしやすく、動くのを意識しやすいパーツは筋肉がつきやすいといわれています。前ももの筋肉(大腿四頭筋)は人間の体の中でいちばん大きい筋肉で、日々、歩くのに必ず使うところです。もちろん、その動きも意識しやすいので、筋肉がつきやすいといえるでしょう。

 

 

B お尻

Bの画像

グッドチョイス!

太もも同様、大きい筋肉で動くのを意識しやすいからつきやすい
お尻も、筋肉が大きく、動かすのが簡単な場所。そして、「お尻が動いている」と、どんな人でも意識することができます。その結果、筋肉がつきやい部位といえます。特に、40代以上の人は筋トレ効果を実感しやすいパーツです。

 

 

C おなか

Cの画像

バッドチョイス!

大きい筋肉が深部にあるため意識しづらく、つきにくい
腹部の最も大きい筋肉は腹横筋で、呼吸のときに使われるコアといわれる部分です。お腹の深部にあるため、その動きを意識するのが難しく、筋肉がなかなかつきにくいパーツといえるでしょう。鍛えるためには、ドローイングのような腹式呼吸がおすすめですが、鍛えられたかどうか、あまりよくわからないのが難点。
一方、腹部の表面にある腹直筋や腹斜筋は、鍛えると意識しやすくなるので鍛える意味はあります。その際、腹筋がまったく意識できない人は、EMSがおすすめです。EMSの電気信号を使って「筋肉が動いた」と実感することで、腹筋への感覚をゼロから1にすることができます。腹筋の感覚を一度でも意識できると、トレーニング効果が上がるのです。すでに腹部の筋肉を意識できる人は正しく筋トレをしましょう。もし、腹筋運動をしていて腰が痛くなるようであれば、腹部の筋肉が使えていない可能性が大。トレーニング方法を見直してみて。

 

 

D 背中

Dの画像

グッドチョイス!

大きい筋肉なのでつきやすい。姿勢を意識するとより効果的
背中の筋肉(広背筋)は大きいため、筋肉がつきやすい場所といえます。ただ、自分で見えないため意識がしにくく、その変化に気づけない場合が多いです。たとえば、太っている人の背中には「ハ」の字ができていますが、自分では気づけません。写真を撮って見せて初めて気づく方が多いのです。
自分自身でできる背中のチェック法は姿勢です。何より、猫背にならないことが大切。手を前に組むクセがある人は猫背になりやすいので、腕組みをしたくなったら、うしろで組むこと。背中で互いのひじを持つようにしてみましょう。
背中の筋トレはうつ伏せになって行います。両手を万歳の形に開き、両脚を肩幅に開きます。その状態で右手、左脚を同時に持ち上げます。右手と左脚を同時に下ろしたら、次は左手と右脚をアップ。これを交互に行うと、背中、腰、お尻の筋トレになりますよ。

 

 

E 二の腕

Eの画像

バッドチョイス!

使っていることを意識しづらいのでつきにくい
二の腕は、使っているのがなかなか意識できないパーツ。その結果、筋肉もつきにくいのです。まず、二の腕の筋肉が使われていることを感じてみましょう。ひじを90度に曲げて体側につけ、小指、薬指、中指を折り、親指と人さし指を伸ばしてピストルのような手の形にします。この状態で思い切り小指、薬指、中指をギュッと握り込むと、二の腕に力が入るのを感じられると思います。
手の指の中で、親指と人さしは力こぶにつながり、小指、薬指、中指は二の腕につながっています。生活の中でも、買いもの袋を持つときなどに、小指、薬指、中指で持ってみましょう。その際、親指と人指し指を伸ばすのがポイント。自然と残りの指に力が入ります。こうやって、二の腕の筋肉を意識できるようになると、筋トレの効果が上がり、筋肉がついていきます。

 

 

【筋肉がつきやすい場所とは?】
筋肉が比較的早くつきやすい場所は筋肉が大きいところ。つまり、太もも、お尻、背中などです。さらに、動かすのが簡単な太ももやお尻などは、動いている実感が得やすいので、トレーニング効果が上がりやすいといえるでしょう。その反面、二の腕や腹部の深部など意識しづらいところは筋肉をつけるのが難しい部位です。まずは、筋肉を使っていることを意識できるようにすることから始めてみましょう。

取材・文/野上 郁子  イラスト/たなか のりこ

連載・関連記事

  1. 【ダイエットチョイス!】ヒップアップに即効性のあるエクササイズは?~EICO式ダイエットのコツ(47)~

  2. 【ダイエットチョイス!】階段昇降や早歩き、いちばん消費カロリーが高いのは?~EICO式ダイエットのコツ(58)~

  3. 【ダイエットチョイス!】あなたのザセツポイントからわかる、ダイエット成功の秘訣!~EICO式ダイエットのコツ(55)

ダイエットコーチ EICO

ダイエットコーチ EICO

日本初のダイエットコーチとして、マンツーマンで700人以上のダイエットを指導。自身も21歳のとき、4か月で11kg、1年でトータル20kgの減量を達成し、翌年、準ミス日本に輝く。現在一児の母となり、産後ダイエットで20kgダイエットに成功。
リバウンド率ゼロをキャッチコピーに、徹底的なカウンセリングから、生活スタイル、運動経験、体質などを分析し、最短で最適なダイエット法をコーチング。特に下半身ヤセに定評がある。
著書に『ズボラな人ほど成功する!ママ太り解消ダイエット』『絶対リバウンドしない!朝・昼・夜のやせルール』『実録"気づくだけ"ダイエット』『『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣"に気づいたらみるみる10kgヤセました』『どうしてもヤセられなかった人たちが“おデブ習慣"に気づいたらみるみる10kgヤセましたPREMIUM』『Diet Note』『ダイエットコーチEICOの我慢しないヤセ習慣200』など累計65万部突破。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    35

関連記事

  1. Fitness【ダイエットチョイス!】「食後30分以内にライトな運動」は、なぜいいの?~EICO式ダイエットのコツ(49)~

    【ダイエットチョイス!】「食後30分以内にライトな運動」は、なぜいいの?~EICO式ダイエットのコツ(49)~

    33
  2. Fitness【ダイエットチョイス!】「食後30分以内のライトな運動」おすすめはどれ?~EICO式ダイエットのコツ(61)~

    【ダイエットチョイス!】「食後30分以内のライトな運動」おすすめはどれ?~EICO式ダイエットのコツ(61)~

    40
  3. Fitness【ダイエットチョイス!】ヒップアップに即効性のあるエクササイズは?~EICO式ダイエットのコツ(47)~

    【ダイエットチョイス!】ヒップアップに即効性のあるエクササイズは?~EICO式ダイエットのコツ(47)~

    53
  4. Fitness【ダイエットチョイス!】階段昇降や早歩き、いちばん消費カロリーが高いのは?~EICO式ダイエットのコツ(58)~

    【ダイエットチョイス!】階段昇降や早歩き、いちばん消費カロリーが高いのは?~EICO式ダイエットのコツ(58)~

    46

あわせて読みたい

Pickup