日々の運動を習慣化させるには?忙しい人ほどとり入れてほしい大人のメンタルトレーニング|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    11

トレーニングをしている女性の手元

健康のため、美容のため、ダイエットのため、日々の生活に運動を取り入れている方、または、「そろそろ運動を始めなければ…」と鏡の前で自分の体を見つめている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かく言う私も、オフィスでの座り仕事、日々の移動に車を多用するなど、運動不足を実感しています。

「よし、運動するぞ!」と“やる気”を起こさせる事も大切ですが、忙しい日々の中で、健康のため美容のため「何かやらなくては!」と思っていても、運動そのものを生活サイクルに入れ込み、継続することはかなり難しいですよね?

そこで今回は、日々を忙しく過ごす大人の女性のために「いかに運動習慣を継続していくか」について、メンタルの視点からお話したいと思います。


運動習慣化の妨げになるものとは?目標設定に潜むワナ

はしごが空に向かっている

「運動しよう!」と思う時、そのきっかけはさまざまかと思います。
私自身、いろいろな節目でいつも頭にちらつく言葉が“ダイエット”。
年頭に「今年こそ、やせるぞ!」と宣言したり、春先の年度はじめに、心機一転とばかりに減量を目標として掲げたり。
そして、そこでよくやってしまうのが、これです。

  • 高い目標設定
  • 目標達成過程のハードな内容

目標設定は高いほうがいいに決まっている!そして、その壁を超えるためにはハードな内容をこなしてこそ意味がある!と。

私が当時、設定した目標とその行動がこちらです。

  • 1か月で3kg体重を落とす
  • 毎日筋トレ30分実施
  • 週3日のランニング

たしかに、これらを実践できたら素晴らしいです。ですが、結局、日々の仕事、家事や子育てに追われ、最初の1週間を経過した時点で、このスケジュールはこなせなくなりました。
自分がこなすことが難しい高すぎる壁にぶつかり、超えることができず、「私って、こんなこともできないのか・・・」と自分を否定しました。また、できなかったことを家族などにとがめられ、意気消沈…。

理想や一般論など、自分ができる保証のないことにチャレンジしつづけ、自分に×ばかりつけて、自己否定。
達成したい目標(やせること)に向かっていく途中で、気持ちが折れて、その行動が止まってしまい、運動を継続できなくなってしまいました。

目標設定に大切なことは“今の自分を知ること”

体重計とダイエットノートなどが並んでいる

目標を達成するために、その行動を持続したいのであれば、まず、自分自身の状況(日々のスケジュールなど)をしっかりと把握することが大切です。
仕事の時間、家事の合間、子どもの帰宅時間など、環境は人によりさまざま。
そして、私は目標と行動をこのように設定し直しました。

  • 1か月で3kg落とすのは無理だけど、まずは3か月かけて3kg落とすことを目標としてみよう!
  • 毎日は難しいけど、週2の筋トレなら30分できる! まずは、火・金でやってみよう!

今の自分の状況(生活環境)を考慮した上で、“確実にできること”を行動設定とし、それを踏まえて達成できそうな目標を設定する。

そして、もしできなかったら、計画を見直して内容を再度修正してみる。
一度設定した計画を変えていけないことはありません。
一番大切なのは、目標を達成することで、そのための行動計画修正は、目標に向かっていくための原動力に大きく関わっていきます。

行動継続の原動力!自分に「OK」を

OKポーズをとる女性

目標を達成するために、ハードであったり、世間的にかっこいい過程はさして必要なく、自分が“できる”ことをコツコツこなして、目標を達成するための行動を、紆余曲折しながらでも、止めることなく、小さい歩幅でも継続して進んでいくことこそが大切です。

“できない”ことにトライし続けて、「ああ、ダメだぁ・・・」と自分に×を与え続けていては、うまくいくものもうまくいかない、負のスパイラルにハマってしまいます。

一番考えるべきは、
「目標を達成する」ために、どう行動したらよいか?

そのためには、自分の現状をしっかりと把握し、自分が“できる”ことを行動設定にし、そして、それを“できた”自分に、「よくやったね!」とたくさん「OK」をあげてください。

「それって、自分を甘やかしてない?」という声が聞こえてきそうですが、大丈夫!
いいんです。甘やかして。
それで、目標に向かう行動を継続することができ、目標を達成することこそが大切なのですから。

 

いかがでしたか?
「運動が習慣化しないのは、自分のダメな性格のせい」と思い込んでいたならば、まずは、目標の立て方を変えるところから始めてみませんか?

 

中本 由貴子

働く母メンタルトレーナー。リコレクトオフィシャルメンタルトレーナー。
中学生のサッカー少年の母であり、子育てと仕事の両立歴15年。
現在は、母親業・大学院秘書・メンタルトレーナーの三足のわらじを持つ。
40歳を超え、改めて自分の体と向き合い、日々の運動の大切さを実感中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. メンタルトレーニング
  2. 目標設定
  3. 習慣

関連記事

  1. Healthcare30代で始めた長~い歯列矯正期間を乗り越えるためのメンタルとは?

    30代で始めた長~い歯列矯正期間を乗り越えるためのメンタルとは?

    23
  2. Healthcare眠った筋肉を呼び覚まそう! 効率よく代謝を上げるトレーニングを体験

    眠った筋肉を呼び覚まそう! 効率よく代謝を上げるトレーニングを体験

    13
  3. Fitnessヨガ指導者が伝授! 思考を変えて「引き寄せ体質」になれる生活習慣

    ヨガ指導者が伝授! 思考を変えて「引き寄せ体質」になれる生活習慣

    12
  4. Dietダイエットは「やるor絶対やる!」の2択。40kgやせしたインスタグラマーのメンタルトレーニング法

    ダイエットは「やるor絶対やる!」の2択。40kgやせしたインスタグラマーのメンタルトレーニング法

    29

あわせて読みたい

Pickup