FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    65

走る女性

これまで1万人以上を美ボディに導いてきた、“ダイエット王子”こと小山圭介さんが、ダイエットのお悩みや疑問に答えます! 今回のお悩みは「ダイエットは、ずっとがんばり続けなければいけないの?」です。

監修
小山 圭介

成功に導くダイエットお悩み相談室

 

今回のお悩み

ダイエットは、ずっと続けなければいけないのでしょうか?
やめどきがイマイチわかりません。
ゴールが見えないので、「やせなければ」と、いつもプレッシャーを感じています。

「理想の自分」をイメージしてみよう

脚に触れる女性

こんにちは。ダイエットトレーナーの小山圭介です。

今回のご相談内容は、ダイエット中の多くの女性が持っている疑問なのではないでしょうか。まじめな方ほど、「ダイエットを続けなければ!」と、がんばり過ぎてしまうことがあります。

僕は、ダイエットのレクチャーをはじめるとき、次の魔法の質問をよくします。
「どんな自分になりたいですか?」

そう問いかけて理想の自分をイメージしてもらうと、みなさん、ダイエットのブレない目標が決まるんです。
誰かに押しつけられた目標ではなく、自分で決めたことなら、達成に向けたやる気もわいてきますよね。
目標にたどりついたときをゴールに設定して、ダイエットに取り組みましょう!
100%の労力をかけて、ずっとがんばり続ける必要はありません。目標を達成できたら、あとはその状態をキープする生活をすればいいんですよ。

具体的なダイエット目標を書き出そう

ジムで運動をする女性

頭の中で考えている理想のイメージをアウトプットすると、ダイエットの目標がはっきりします。具体的な目標を立てるために、どんな自分になりたいのかを書き出してみてください。

例えば、
「やせてキレイになりたい」
「かわいい服が着られるようになりたい」
など、いろいろ思い浮かぶと思います。
それに数値を入れると、さらに具体的な目標になります。
例えば、
「体重を48kgに戻したい」
「結婚式の○月△日までに、ウエストを5cm細くしたい」
「9号のスカートがはけるようになりたい」
というように。

このとき、ムリな数値目標を立てないでくださいね。急激なダイエットをするとリバウンドしやすくなり、体脂肪率が20%以下になると女性ホルモンのバランスが乱れ、体調を崩してしまうことも。体にムリのない健康的なダイエットをしたほうが、もっと魅力的なあなたになれます。

ダイエットの目標が決まったら、パートナー、友人、フィットネスクラブのトレーナーなど、身近な人に宣言するのもおすすめです。
ワクワクしながら目標を人に伝えると、「よしやるぞ!」と、やる気に火がつくはずです。

ゴールをめざして、楽しくダイエットに取り組んでください!

取材・文/掛川ゆり

連載・関連記事

  1. 見た目の変化を楽しもう!ダイエットの成果は「体重」だけで判断してはいけない?

  2. ダイエット成功の決め手!「心の脂肪(ストレス)」の解消法

  3. やせにくい「二の腕」を簡単に細くする方法は?

小山 圭介

小山 圭介

ダイエットトレーナー&メンタルコーチ。
ホットヨガスタジオLAVAのプログラム開発を経て、ダイエット合宿施設『LAVAビレッジ伊豆高原』を立ち上げる。これまで2万人以上にダイエット指導を行う。メンタル・食事・運動など、さまざまなアプローチで健康な体をつくるダイエット法を提案している。テレビ、雑誌、WEBなどメディアでも活躍中。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    65
  1. ダイエットのお悩み相談室

関連記事

  1. Fitnessストレスで食べ過ぎてしまう人に! ドカ食いを抑える食前クールダウンの方法

    ストレスで食べ過ぎてしまう人に! ドカ食いを抑える食前クールダウンの方法

    3
  2. Fitness脚のむくみはこれで解消! デスクワークの合間にできるストレッチ3選

    脚のむくみはこれで解消! デスクワークの合間にできるストレッチ3選

    5
  3. Fitnessダイエット停滞期に! 筋肉を刺激してやせスイッチを入れる追い込み筋トレ

    ダイエット停滞期に! 筋肉を刺激してやせスイッチを入れる追い込み筋トレ

    15
  4. Fitness外食後、脂肪がつく前に! 自宅でゆるくできるカロリー消費エクササイズ

    外食後、脂肪がつく前に! 自宅でゆるくできるカロリー消費エクササイズ

    10

あわせて読みたい

Pickup