FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    快眠を作り、「今日もキレイ」のために行いたい3つの朝習慣とは?

  1. Share

  2. お気に入り

    13

朝起きて朝日を浴びている女性の後ろ姿

毎朝ダラダラベッドの中で横になり、時間ギリギリで起きて、バタバタ慌ただしく準備をして急いで出かける、そんな朝時間を過ごしていませんか? 朝は体のリズムを整え、健康や快眠の土台を作り、キレイをブラッシュアップさせるために大切な時間です。そこで今回は、「今日もキレイ」を叶えるために、朝支度の中でぜひ習慣づけたい行いを3つご紹介しましょう。

監修
友野 なお

快眠や健康の土台を作る!朝に習慣づけたい行い3つ

水を飲む女性

【1】空を見上げる
私たちの脳にあるマスタークロック、「体内時計」は1日平均周期24時間10分の時間を刻んでおり、地球軸の時間とは10分間のズレがあります。しかし、起床後太陽の光を15秒間目に入れることで、このわずかなズレをリセットできると同時に、1日の活動スイッチをオンにし、さらに夜の快眠まで予約できることがわかっているのです。天候に限らず、起きたらすぐに窓際に立ち、空を見上げる習慣をつけましょう。

【2】常温の水分をコップ1杯補給する
1日の水分補給の中で最も大切なのは、起きてすぐ1杯の水を飲むこと。睡眠時間を仮に7時間とした場合、その間、私たちは食べものや水分を一切補給できていません。そのうえ、コップ1杯分の寝汗をかいたり、呼吸や肌から自然と水分が蒸発していたりと、体の中は朝にかけてどんどん砂漠化しているのです。細胞がいきいきとよみがえるために、そして体の活動スイッチをオンにするために、朝は体が水分を強く欲しがっています。

朝イチの水分は、コーヒーやお茶、清涼飲料水で代用するのはさけてください。カフェインには利尿作用があり、体内の水分と一緒に、必要なミネラルも排出してしまうので、水分補給の意味がありません。

たんぱく質を含む食事

【3】1時間以内にたんぱく質を含んだ朝食を食べる
睡眠中は眠っているだけなので、エネルギーを使っていないと思われがちかもしれません。でも実際は、眠っている間も脳や内臓器官は働いているので、エネルギーが常に使われているのです。そのため、朝はガス欠状態に。そこで、活動開始のエネルギーを補充するために大事な習慣となるのが「朝食」です。朝食で欠かせないのは、「たんぱく質」。

たんぱく質に含まれる必須アミノ酸「トリプトファン」は、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」の原料にもなるもの。朝にトリプトファンをとると、その日の意欲的な活動を後押しし、怒る回数が減るなどということがわかっています。

さらに、このセロトニンは夜になると、脳の中で「メラトニン」に変換されて、今度は快眠を約束してくれます。このトリプトファンは、私たちの体内では合成することができないので、食品からとる必要があります。トリプトファンを含む乳製品、卵、大豆製品、魚介類、肉類、アボカド、バナナ、ナッツ類などを朝食に、意識的にとり入れるようにしましょう。

健康やキレイにつながるちょっとした朝習慣をルーティン化することで、心も体も「昨日より元気!」な自分を目指してくださいね。

友野 なお

友野 なお

睡眠コンサルタント /産業心理カウンセラー。 株式会社SEA Trinity代表取締役。
千葉大学大学院 医学薬学府 先進予防医学 医学博士課程。順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 修士。日本公衆衛生学会、日本睡眠学会、日本睡眠環境学会 正会員。

「社会予防医学」「社会疫学」のフィールドにおける睡眠を研究し、健康寿命の延伸、健康格差の縮小を目指す。自身が睡眠を改善したことにより、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から科学的に睡眠を学んだのち、睡眠の専門家として全国にリバウンドしない快眠メソッドを伝授。著書に「ぐっすり眠れる不思議な塗り絵」(西東社)、「ねこ先生クウとカイに教わるぐっすり睡眠法(KADOKAWA)「昼間のパフォーマンスを最大にする正しい眠り方」(WAVE出版)、「疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法」(セブン&アイ出版)、「大人女子のための睡眠パーフェクトブック」(大和書房)など多数。書籍は韓国・台湾・中国全土でも翻訳され発売中。
Website SLEEP CULTURE: http://tomononao.com/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13
  1. リラックス
  2. 快眠
  3. 自律神経

関連記事

  1. Healthcare今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    12
  2. Healthcare朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    16
  3. Healthcare今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    26
  4. Healthcare夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    12

あわせて読みたい

Pickup