FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    99

お腹を出した女性のウエストアップ

ちょっと聞きづらいことだけど、女性にとっては大事なこと。大人になると言葉にするのは恥ずかしいけれど、デリケートゾーンのケア方法についてどうしていますか。
そこで、今回は生理中のムズムズを防ぐ方法、お風呂で洗うときの注意点について、婦人科医の松村圭子先生(成城松村クリニック院長)に教えていただきます。

監修
松村 圭子

デリケートゾーンをトイレの温水洗浄で洗い過ぎない

トイレの便座に座っている女性の足元

こんにちは、婦人科医の松村圭子です。
デリケートゾーンの悩みでよく聞くのは、生理中にムレてムズムズするということです。
それを防ぐために、次の3つのことを意識してみましょう。

(1)生理用ナプキンは、こまめに換える
血液は雑菌の好物。生理中、ナプキンを長時間つけ続けると雑菌が繁殖して、かゆみが出たり、ニオイが強くなったりします。こまめにナプキンをかえて、清潔な状態を保ちましょう。

(2)生理中は、下半身を締めつける服を避ける
タイトなパンツ、ストッキングをはくと、デリケートゾーンの通気性が悪くなってムレやすくなります。生理中は、ゆったりとしたボトムのファッションを選ぶといいですね。

(3)トイレで温水洗浄し過ぎない
生理中に限らず、トイレの温水洗浄でデリケートゾーンを洗うのは1日に2~3程度にしましょう。温水で洗い過ぎると、デリケートゾーンの乾燥につながることがあります。また、善玉菌まで洗い流してしまうこともあるので注意が必要です。

また、生理ではなくてもデリケートゾーンにムズムズとしたかゆみが続く、カッテージチーズのようなポロポロとしたおりものが出るのではれば、カンジダ膣炎などの病気が隠れている可能性があります。婦人科のクリニックを受診しましょう。

では、次にデリケートゾーンを洗うときのポイントについてお話しします。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    99
  1. デリケートゾーン
  2. 汗・ニオイ対策
  3. 生理

関連記事

  1. Healthcare実は病気の早期発見にも。いい「おりもの」と悪い「おりもの」の違いって?

    実は病気の早期発見にも。いい「おりもの」と悪い「おりもの」の違いって?

    78
  2. Beauty1日にコップ1杯分も! 冬でも油断できない冷えやニオイの原因「足汗」の真実

    1日にコップ1杯分も! 冬でも油断できない冷えやニオイの原因「足汗」の真実

    13
  3. Beautyワキ汗がピタッと抑えられる! ウォータープルーフ処方の新制汗剤がスゴイ♡ #Omezaトーク

    ワキ汗がピタッと抑えられる! ウォータープルーフ処方の新制汗剤がスゴイ♡ #Omezaトーク

    12
  4. Beauty正しい夏の頭皮ケアとは? ついやりがちなあの行動が「頭皮異常」の原因に!

    正しい夏の頭皮ケアとは? ついやりがちなあの行動が「頭皮異常」の原因に!

    68

あわせて読みたい

Pickup