FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    101

 

弱酸性のデリケートゾーン専用のソープを使って洗う

石鹸の写真

入浴したとき、デリケートゾーンを洗っていますか?
顔は洗顔ソープ、体はボディソープと種類が分かれているように、「デリケートゾーン専用のソープ」が販売されています。

膣の中にはデーデルライン桿菌という善玉菌がいて、酸性の環境です。酸性を保つことによって、雑菌が体内に入ってこないように守られているのです。

そのため、アルカリ性のボディソープで洗ってしまうと、pHバランスが崩れてしまいます。デリケートゾーンを洗うときは、弱酸性の専用ソープを使うことをおすすめします。

洗うときに注意するポイントは、膣の中まで洗わないこと、スポンジでゴシゴシとこすらないことです。中まで洗うと、雑菌から守ってくれる善玉菌を洗い流してしまいます。
デリケートゾーンの外側を指でなぞって、やさしく洗いましょう。特に小陰唇と大陰唇の間は恥垢がたまりやすいところです。

かゆみ、ニオイなどのデリケートゾーンのトラブルを防ぐために、これらのケア方法を参考にしてみてください。

 

取材・文/掛川ゆり

松村 圭子

松村 圭子

婦人科医。成城松村クリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。元大妻女子短期大学非常勤講師。広島大学附属病院などの勤務を経て、2010年、成城松村クリニック開院。西洋医学のほか、漢方薬、サプリメント、プラセンタ療法などを治療に取り入れている。雑誌、Web、テレビなどメディアを通して、女性ホルモン、生理、更年期などについてわかりやすく解説。また、健康食コーディネーター、生涯学習インストラクター、女子栄養大学食生活指導士、食生活アドバイザー2級の資格を取得し、食事面の実践的なアドバイスも行う。著書『女30代からのなんだかわからない不調を治す本』(東京書店)、『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    101
  1. デリケートゾーンのお悩み
  2. 汗・ニオイ対策
  3. 生理

関連記事

  1. Healthcare実は病気の早期発見にも。いい「おりもの」と悪い「おりもの」の違いって?

    実は病気の早期発見にも。いい「おりもの」と悪い「おりもの」の違いって?

    78
  2. Healthcareおうち時間がたっぷりある今、話題の「月経カップ」を試してみた!

    おうち時間がたっぷりある今、話題の「月経カップ」を試してみた!

    17
  3. Healthcare毎月やってくる生理前のイライラ、体調不良を和らげる方法

    毎月やってくる生理前のイライラ、体調不良を和らげる方法

    13
  4. Healthcareお腹が痛くて何もしたくない! ツライ生理痛をやわらげるツボ

    お腹が痛くて何もしたくない! ツライ生理痛をやわらげるツボ

    14

あわせて読みたい

Pickup