FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    95

大豆とみそが器に盛ってある画像

1日3杯以上みそ汁を飲む人は、1日に1杯しか飲まない人に比べて40%も乳がんの発生率が低く(厚生労働省研究班)、みそ汁を飲む頻度が高い人ほど胃がんによる死亡率も低いそう(日本癌学会)。そこで、みそ汁で健康的にキレイになれる理由を管理栄養士の大越郷子先生に教えていただきました。

監修
大越 郷子

みそ汁で健康的にキレイになるヒミツ

ご飯とみそ汁とおかずの画像

みそ汁好きの人には美肌の人が多いというウワサをキャッチ!
さらに便秘の人も少ないという情報も…。

今、メディアでも注目されているみそ汁の健康作用や美容のヒミツを4つ紹介します。

【ヒミツ1】血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪の蓄積を予防
「大豆製品のみそには血糖値の急上昇をゆるやかにする働きがあるので、食事の最初にとると肥満予防に。同じく血糖値の急上昇を抑える食物繊維が多い野菜などの具材を入れれば効果アップ」(管理栄養士・大越郷子先生)

【ヒミツ2】整腸作用+水分補給で便秘改善サポート
「みそは発酵食品なので、お腹の調子をよくする乳酸菌も多く含まれ、便秘改善に効果的。便秘がちな人は水分不足の人が多いのですが、みそ汁なら水分もしっかり補えて、便秘改善をサポートしてくれます」

【ヒミツ3】和食系の食事になり、カロリーが抑えられる
「みそ汁をとる習慣をつけると、自然と食事が和食系になるので、食事のカロリーが抑えられてヘルシー。また、具をたっぷり入れれば満腹感も高く、ほかのものの食べ過ぎが抑えられてやせやすくなります」

【ヒミツ4】ビタミンB群などの美肌成分もたっぷり
「みそには、健康な肌を保つのに欠かせないビタミンB1やB2、B6のほか、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンも含まれます。みそ汁ならこれらの成分が毎日手軽に補えて美肌キープに役立ちます」

次に、腸内環境をよくして、美肌を作るみそ汁レシピを紹介します。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    95

関連記事

  1. Healthcare秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    秋バテ撃退!管理栄養士おすすめの疲労回復レシピ3つ

    114
  2. Diet収穫の秋! おいしい新米を、カロリーを気にせず食べるコツ

    収穫の秋! おいしい新米を、カロリーを気にせず食べるコツ

    105
  3. Dietダイエットの神食材! 秋の味覚「きのこ」で食べやせレシピ

    ダイエットの神食材! 秋の味覚「きのこ」で食べやせレシピ

    110
  4. Healthcare秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    秋のケアが決め手!管理栄養士が教える「お疲れ肌&髪」のリセットレシピ

    105

あわせて読みたい

Pickup