FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    あなたの隠れ不眠をチェック!専門医が警鐘「睡眠不足」が肥満と高血糖を招く理由

  1. Share

  2. お気に入り

    16

寝ている女性

睡眠不足だと食欲が増すと感じたことありませんか。ダイエットや血糖値のコントロールでは、よく眠ることが重要です。今回は、睡眠の質が肥満や高血糖に影響する理由を、睡眠と糖尿病のスペシャリスト、田中俊一先生にお聞きしました。管理栄養士の浅野まみ子さんとの共著『血糖値は食べて下げる寝て下げる』(アスコム)から、お伝えしていきます。


■なぜ睡眠不足は「肥満」と「高血糖」を招くのか

ぼーっとする女性 

寝不足の状態が続くと、心身に疲労が蓄積され、記憶力や思考力、集中力が低下していきます。その状態がさらに続くと、さまざま深刻な症状が出ることはご存じでしょう。
免疫力も低下し、食欲もなくなり、肌質も悪化、原因不明の頭痛に悩まされたりするようになります。
これでも、十分に恐ろしいですよね。でも、睡眠不足は、みなさんが知らない、もっと恐ろしい症状も引き起こします。「肥満」と「高血糖」です。

睡眠は、「成長ホルモン」「レプチン」「グレリン」「コルチゾール」という4つのホルモンと「オレキシン」という神経伝達物質が深く関わっています。
「成長ホルモン」は、寝入ってから1〜2時間後に分泌されます。細胞の修復や疲労回復などを誘発し、基礎代謝を上げてくれます。
疲れた内臓を修復し、免疫細胞を新しいものに入れ替えてくれるので、内臓に元気に働いてもらうためには、欠かせないホルモンなのです。
「レプチン」は、脳の視床下部にある食欲中枢に「お腹がいっぱい」という満腹信号を送る役割をはたします。「グレリン」はその逆で、食欲中枢に「お腹が空いた」という空腹信号を送ります。
「オレキシン」は、眠りと目覚めをコントロールする物質のひとつです。睡眠不足になると、眠気を防ぐために「オレキシン」の分泌が増えます。このオレキシンには強い食欲誘導作用があります。また、レプチンが減ってグレリンが増えてしまいます。そのため、結果として必要以上にたくさん食べてしまい、肥満につながるのです。
「コルチゾール」は、別名ストレスホルモンと呼ばれています。ストレスを感じたとき、ストレスへの抵抗力を上げるために、たくさん分泌されるホルモンです。ストレスがかかると、コルチゾールが体を興奮状態にすることで心拍数が増加し、血圧や血糖値の上昇まで促します。ストレスが血糖値を上げる原因のひとつは、このコルチゾールによるものです。

お菓子を食べる女性 

睡眠不足が続いたり、睡眠の質が悪くなったりすると、満腹ホルモンであるレプチンが減り、空腹ホルモンであるグレリンが増えます。これが食べ過ぎや肥満を招き、血糖値も上昇します。一方、成長ホルモンが減って、基礎代謝が下がり、内臓の働きも鈍ります。
さらにストレスホルモンであるコルチゾールが増えて、血糖値の急上昇にもつながる。さらに内臓脂肪が増えてしまう。こうして負の連鎖ができるのです。睡眠が代謝にとってどれだけ重要なものか、おわかりいただけましたか。

■「隠れ不眠チェック」で確認しよう

チェックリスト

「自分の睡眠に問題がある」と思っている人は、じつはそれほど多くはありません。「5時間くらいしか寝てないけど、体調にとくに問題はない」とか、「ちょっと寝起きがツラいけど、まあこんなものかな」などと思っているようです。
しかし、実際に調べてみると、重度の睡眠障害を抱えていたというケースは、たくさんあります。
次の「隠れ不眠」のチェックリストで確認してみてください。

【隠れ不眠チェックリスト】
□よく昼間に居眠りしてしまうことがある
□車の運転中にすごく眠くなることがある
□電車で座れると、たいてい寝てしまう
□夜中にトイレなどで何度か起きてしまう
□思ったよりも早く目覚めてしまうことがある
□寝つきが悪いほうだ
□起きたときにぼーっとしていて熟睡感がない
□昼間、起きているのに「いま、寝てたでしょ」といわれることがある
□寝相が悪い
□いびきをかく
□寝ているときに息が止まっている、といわれたことがある
□休日に寝だめをすることが多い
□寝る時間は毎日、決まっていない
□自分は睡眠時間が短くても平気な体質だと思う
□ときどき徹夜をすることがある
□最近、好きなことにもあまりやる気が出ないことがある
□集中力が続かず、イライラすることがある

・9個以上当てはまる人:睡眠に問題がある可能性大。病院を受診しましょう。
・3個以上当てはまる人:「隠れ不眠」予備軍。生活を見直しましょう。

代謝を高める「よい睡眠」とは、レム睡眠(夢を見る浅い眠り)とノンレム睡眠(深 い眠り)のサイクルが乱されずに一晩に5回ほどくり返されるものです。
1サイクルが90分ほどなので7時間半の睡眠時間が理想になります。実際に、7〜8時間の睡眠が、最も太らないという研究データが、世界中で発表されています。
血糖値の安定した「燃える体」になるためには、まず睡眠の質を上げること。これを覚えておいてください。

『血糖値は食べて下げる寝て下げる』(アスコム)

『血糖値は食べて下げる寝て下げる』(アスコム)
著者:糖尿病専門医 田中俊一/管理栄養士 浅野まみこ

浅野まみこ
管理栄養士。食と健康のコンサルティング 株式会社エビータ代表。
総合病院、女性クリニック、企業カウンセリングにて糖尿病の行動変容理論をベースに1万8千人以上の栄養相談を実施。その経験を生かし、現在は、食育活動やレシピ開発、食のコンサルティングをはじめ講演、イベントなど多方面で活躍中。飲食店のヘルシーメニューの考案や駅やコンビニに商品のプロデュースなどを行う。年間講演数は、130本を超え、全国を飛び回っている。
メディアや雑誌に多数出演。著書に草思社『「コンビニ食・外食」で健康になる方法』アスコム『血糖値あがらないのはどっち?』など。

文/庄司真紀

田中 俊一

医学博士。横浜市立大学大学院医学研究科客員教授、医療法人みなとみらい理事長。早稲田大学理工学部数学科を経て横浜市立大学医学部卒業後、1997年に金沢内科クリニック(現医療法人みなとみらい)を設立、その後、ニューヨーク市立大学 Mt.Sinai School of Medicine,assistant professor、国際医療福祉大学教授、横浜市立大学教授を経て、現職。毎月8000名の生活習慣病の治療に睡眠から取り組む、睡眠と糖尿病のスペシャリスト。日本テレビ系「世界一受けたい授業」「ヒルナンデス! 」など、メディア出演も多数。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    16
  1. 血糖値

関連記事

  1. Healthcare代謝UPで血糖値対策!専門医が教える「燃える」睡眠力を手に入れる3つのポイント

    代謝UPで血糖値対策!専門医が教える「燃える」睡眠力を手に入れる3つのポイント

    12
  2. Healthcareカロリー制限ではなく代謝力!食べて下げる「血糖値コントロール」の食事術

    カロリー制限ではなく代謝力!食べて下げる「血糖値コントロール」の食事術

    21
  3. Healthcare「納豆」に血糖値を抑える効果が判明!? 学会の研究発表をレポート

    「納豆」に血糖値を抑える効果が判明!? 学会の研究発表をレポート

    32
  4. Healthcare食べ過ぎたときの「ザンゲ体操」で血糖値上昇を予防! 糖尿病のリスクが大きい「血糖値スパイク」とは

    食べ過ぎたときの「ザンゲ体操」で血糖値上昇を予防! 糖尿病のリスクが大きい「血糖値スパイク」とは

    66

あわせて読みたい

Pickup