FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    熟眠には薄いピンクがおすすめ!睡眠スイッチをオンにする色の選び方

  1. Share

  2. お気に入り

    11

ピンク色の寝室

質のいい睡眠を得るために生活習慣の中で工夫していることはありますか。睡眠に大切な寝室の光や色の情報は快眠や熟眠にとても重要になるそうです。今回は、睡眠コンサルタントの友野なお先生に「色の力で快眠を得るコツ」を教えていただきました。

監修
友野 なお

熟眠できる空間作りのポイント

快適な寝具で快眠できた女性のイメージ画像

人が情報を読みとる際、人間の五感の中でも視覚は87%という高い割合を占めているといわれているため、光や色の情報は寝室空間を整えるうえでとても重要な要素だといえます。光のコントロールが良質な睡眠を得るために重要であることはすでにご存じのとおりです。しかし、色と睡眠の関係は意外と見落とされがち。

じつは、色彩の影響は思っている以上に私たちの体や心にさまざまな影響を与えているのです。カーテンや掛けふとんのカバー、カーペットなど、寝室内の大きな面積を占めるアイテムについてはリラックスできる色で統一することが熟睡できる空間づくりのポイントになります。

赤い色の寝室

例えば、赤い部屋に入ると脈拍・呼吸数・血圧が上昇する一方、青い部屋に入ると、脈拍・呼吸数・血圧が落ち着くといわれています。色に対して体が無条件に反応を起こしているわけですが、私たちは色の情報を視覚から受けとったあと、色に対して筋肉の緊張と弛緩を引き起こしており、この筋肉の緊張度合いを数値化したものを「ライト・トーナス値」と呼んでいます。

薄いピンクやブルーなどのパステルカラーと呼ばれるやさしい色合いはライト・トーナス値が低くリラックスできる色彩ですが、赤色のようなライト・トーナス値が高い色合いは緊張感を高めます。

寝室は1日たまった疲れを最大限癒やしてあげたい場所なので、リラックスできる色合いの空間にしましょう。意外に思われる人が多いですが、真っ白も疲れがとれにくい色であることが明らかになっているので、白系が好きな人はアイボリーや薄いベージュなどを選ぶほうがおすすめです。また、黒系が好きな人は薄めのグレーやブルーなどがよいでしょう。

色に迷ったら、薄いピンクはとてもおすすめ。お母さんの子宮の中にいたころを思い出して心が安らぐといわれています。実際、アメリカの刑務所で無機質な壁をピンクに塗り替えたところ、暴力的な囚人たちが一様におとなしくなったという報告もあるほどです。

暑い夏は薄めのブルー、気持ちが高ぶりやすい人はやさしいグリーンなど、季節や自分の状態に応じたリラックスカラーを寝室にとり入れ、睡眠空間を自分の労るセラピー空間へと変えていきましょう。

友野 なお

友野 なお

睡眠コンサルタント /産業心理カウンセラー。 株式会社SEA Trinity代表取締役。
千葉大学大学院 医学薬学府 先進予防医学 医学博士課程。順天堂大学大学院 スポーツ健康科学研究科 修士。日本公衆衛生学会、日本睡眠学会、日本睡眠環境学会 正会員。

「社会予防医学」「社会疫学」のフィールドにおける睡眠を研究し、健康寿命の延伸、健康格差の縮小を目指す。自身が睡眠を改善したことにより、15kg以上のダイエット、さらに体質改善に成功した経験から科学的に睡眠を学んだのち、睡眠の専門家として全国にリバウンドしない快眠メソッドを伝授。著書に「ぐっすり眠れる不思議な塗り絵」(西東社)、「ねこ先生クウとカイに教わるぐっすり睡眠法(KADOKAWA)「昼間のパフォーマンスを最大にする正しい眠り方」(WAVE出版)、「疲れがとれて朝シャキーンと起きる方法」(セブン&アイ出版)、「大人女子のための睡眠パーフェクトブック」(大和書房)など多数。書籍は韓国・台湾・中国全土でも翻訳され発売中。
Website SLEEP CULTURE: http://tomononao.com/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    11
  1. リラックス
  2. 快眠
  3. 自律神経

関連記事

  1. Healthcare今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    今夜も眠れなかったらどうしよう…「眠れない夜」の本当に正しい過ごし方とは?

    9
  2. Healthcare朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    朝15秒で快眠体質!「眠れない」「起きられない」を解消する朝習慣とは!?

    14
  3. Healthcare今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    今こそ「睡眠力」を育もう! 1日7時間睡眠の確保で「免疫力」がアップ!

    22
  4. Healthcare夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    夜ふかしが発育に悪影響!? 子どもの成績を上げるなら睡眠時間の確保が必須!

    11

あわせて読みたい

Pickup