40代までまったく自炊できなかった女医が料理好きになって激変した理由|ダイエット、フィットネス、ヘルスケアのことならFYTTE-フィッテ
FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Healthcare

    40代までまったく自炊できなかった女医が料理好きになって激変した理由

  1. Share

  2. お気に入り

    25

40代までまったく自炊できなかった女医が料理好きになって激変した理由

美や健康のプロであるドクターが、おうちでどんな食事をつくっているのか気になりませんか? 婦人科医の松村圭子先生(成城松村クリニック院長)がプライベートでつくっている「美人ごはん」を教えていただく連載がスタートします!

実は、松村先生、以前は自炊が全くできなかったそう。第1回は、忙しい女性が共感してしまう、意外なエピソードを語っていただきました。


「忙しいから自炊できない」と思い込んでいた

こんにちは。婦人科医の松村圭子です。

美容や健康のためには、毎日自炊をしてヘルシーなごはんを食べる。それが理想ですよね。とはいえ……
「仕事が忙しくて時間がないから、なかなか自炊できない」
「疲れているから、お惣菜や外食で済ませる」
このような人が多いのではないでしょうか。

実は、私も同じでした。医師として忙しい毎日を送っていて、2年ほど前までは、自炊を全くしていなかったんです。お惣菜、コンビニのお弁当、外食の毎日でした。

メディアの取材を受けたときは、医師として健康になるための食事方法をお伝えしていたものの、自分のプライベートでは実践できていなかったんです。
それに、学生の頃から料理に苦手意識があって……。「自分がつくったものはまずい」なんて思い込んでいました。

そんな私でも、2年前から料理が大好きに! 毎日、自炊を楽しんでいて、お弁当もつくっているんですよ。この前は、「アクアパッツァ」のおもてなし料理をつくり、パンづくりにもハマッています。

自炊が全くできなかった私が、なぜ変わることができたのか? その理由をお伝えしますね。

ある日突然、体が悲鳴を上げて……

私の食生活が変わったきっかけは、2年前に、突然、肝臓をこわしてしまったことです。

その原因は不明だったのですが、きっと外食や出来合いの食事ばかりで肝臓に負担がかかり、体が悲鳴を上げていたのだと思います。質はともあれ、栄養学的にバランスがとれていればよいのだ、と自分の知識を過信していたのです。それからは、自分の体をいたわるために、自炊をはじめようと決意しました。

ところが、キッチンに立ってみたものの、オムライスのつくり方さえわからない……。「みりんって何?」と、調味料のことも知らない状態でした(笑)。

これではダメだと思って、調味料をそろえ、料理雑誌の定期購読をはじめて、料理家さんのレシピを読んだり、料理番組をチェックしたりしました。

料理好きになって、冷蔵庫の中身が変わった!

そうして料理家さんのレシピを読んでマネしてつくってみると、20分もあれば1食のおかずができたんです。料理って、もっと時間や手間がかかり、難しいイメージがあったけれど、「簡単で楽しい」ことに気づきました。

作り置きや冷凍保存など時短のワザを使えば、帰ってきてイチから下ごしらえする必要はありません。「忙しいから自炊できない」って思っていたけれど、それは言い分けでした。

わが家の冷蔵庫の中身が変わり、以前はお惣菜のパックばかりだったのが、作り置きおかずの保存容器が並んでいます。

体が元気に回復して肌もキレイになり、ライフスタイルまで健康に。料理することがストレス解消にもつながっています。

簡単&時短! 松村先生の1日の献立

では、作り置きおかずを活用した、わが家のある日の献立を紹介しますね。
今回は、沖縄に住む弟からたっぷりの野菜やもずくが送られてきたので、沖縄祭りです(笑)。
夜はお酒を飲むので、主食はとらないことも多いです。

《夕食》
・メインはゴーヤチャンプルー。
・紫のカリフラワー(これも沖縄産)を添えて
・島ニンジンはステーキに。
・葉にんにくはマイタケと合わせて胡麻和え(作り置き)、
・カボチャの煮物は塩と水のみで(作り置き)

《朝食》
・野菜とキノコのオムレツ(エリンギは細かく切ってレンジでチン、カットして冷凍しておいた野菜でオムレツを)
・洋風顆粒スープの素でもずくスープ
・パン

《昼食》
・昨夜のおかずを詰めてお弁当に
・安納芋をグリルで焼き芋に(この日はこちらが主食代わり)

忙しくて自炊ができず、料理に苦手意識があった私でも、変われました。だから、みなさんにも「できるよ!」と伝えていきたいのです。

次回からは、元気な体とキレイをつくる、私のおすすめレシピを紹介していきます。

松村 圭子

松村 圭子

婦人科医。成城松村クリニック院長。日本産科婦人科学会専門医。広島大学附属病院などの勤務を経て、2010年、成城松村クリニック開院。西洋医学のほか、漢方薬、サプリメント、プラセンタ療法などを治療に取り入れている。雑誌、Web、テレビなどメディアを通して、女性ホルモン、生理、更年期などについてわかりやすく解説している。著書『女30代からのなんだかわからない不調を治す本』(東京書店)、『女性ホルモンを整えるキレイごはん』(青春出版社)など。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    25
  1. 女医

関連記事

  1. Healthcareやるとやらないとでは大違い!医師がすすめる花粉症セルフケアきほんのき

    やるとやらないとでは大違い!医師がすすめる花粉症セルフケアきほんのき

    27
  2. Diet女医もカット野菜を活用! 美と健康のために冷蔵庫に常備している食材とは?

    女医もカット野菜を活用! 美と健康のために冷蔵庫に常備している食材とは?

    18
  3. Diet17㎏のダイエットに成功した奇跡の46歳女医・日比野流ダイエットに注目!

    17㎏のダイエットに成功した奇跡の46歳女医・日比野流ダイエットに注目!

    21
  4. Diet婦人科医 松村先生のお弁当を拝見! 体にいい時短弁当をつくるコツは? 

    婦人科医 松村先生のお弁当を拝見! 体にいい時短弁当をつくるコツは? 

    24

あわせて読みたい

Pickup