FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Lifestyle

    快適に暮らし、暮らすように旅する。「無印良品 銀座」と「MUJI HOTEL」でしたいこと

  1. Share

  2. お気に入り

    1

快適に暮らし、暮らすように旅する。「無印良品 銀座」と「MUJI HOTEL」でしたいこと

2019年4月、東京・銀座に売り場面積がブランド史上最大の世界旗艦店「無印良品 銀座」がオープンしました。1階~6階はおなじみの日用品や衣料のほか食品を扱う「無印良品」、地下1階には日本初となる複合レストラン「ムジダイナー」、7階~10階には同じく日本初上陸の「ムジホテル」を併設。この“無印良品のテーマパーク”をどう楽しんだらいいのか、出かけたらぜひチェックしたい、おすすめのポイントを紹介していきます。

前編では“食”に関するサービスを取り上げましたが、後編では、“自分印”をつけられるカスタマイズやホテルなど暮らしに関するサービスについて。


「無印良品 銀座」の売り場は他店と何が違う?

「無印良品 銀座」には、今まで好評だったサービスはもちろんのこと、新たにスタートする売り場や限定サービスなどがいろいろあります。編集部が注目した見どころをピックアップしてみました。

売り場での新体験1「専門スタッフによるMUJI SUPPORT」

自分にあった服のコーディネートやスタイリングを無料でお手伝いをしてくれる「スタイリングアドバイザー」制度や、「部屋の隙間に収まる棚が欲しい」「ティーポットの割れた蓋だけ手に入れたい」などといった日々の暮らしのちょっとしたお悩みや困りごとを解決する「MUJI SAPPORT」サービスを展開しています。

肌、目、髪の色からスタイリングアドバイザーが似合う色を探してくれます。サイズ診断、コーディネート相談も無料。予約もいりません。時間がない方は出張ワードローブ相談(2000円+交通費)が便利です。
色調もハッキリ分かる自然光がたっぷり入る窓辺が“似合う色探し”のスペースです。曇っていたり、外が暗くなると、自然な色に見えるライトを使います。
収納、インテリア、オーダー家具の相談にのってくれる「MUJI SUPPORT」。[無印良品 銀座限定]として“ねむりの相談”、自宅に出張し電球やカーテンの取り換えなどを行う“くらしのお手伝いサービス”(1000円・60分)があります。
店頭にはインテリアとスタイリングの悩みを解決してくれる知識豊富な専門スタッフがいます。このバッジがインテリアアドバイザーの証です。

売り場での新体験2「デザイン工房で持ち物にカスタマイズ」

2階にあるデザイン工房では、お店で買ったシャツ、ハンカチ、バッグ、タオルなど、布製の衣料品や雑貨、インテリア用品にマークや文字、手書きイラストの刺繍を入れられます。所要時間は 2~3時間。18時までに注文すれば、最短で即日持ち帰りも可能です。“無印”の物に、世界にひとつしかない自分だけの“印”をつけましょう。

モチーフは動物、花、雑貨など200種類以上のサンプルから選ぶことができます。料金は1個500円~。手書きイラストは5000針まで2500円、5000針以上3500円とお手頃です。
文字の書体は10種類。全26色から好きな色を選べます。銀座をイメージした限定色も8色用意されています。料金は10cm角内10文字まで500円~。
デザイン工房では刺繍の他に、本の仕立てサービスも。装丁をし直したり、表紙や本体をカスタマイズして、自分だけの一冊を作ることができます。お気に入りの写真を使って上製本写真ノートも作れるようです。
昔ながらの活版印刷機を使ってカードに印刷もできます。
他店でも人気のスタンプサービスもありました。ここで購入したノートやメモの紙製品やラッピング袋に、好きな図案のスタンプを押すだけで、オリジナルデザインの完成です。

売り場での新体験3「サステナブルな買い物袋」

ポリエチレン袋の使用とゴミを減らすため、持ち帰りの包装は紙袋とリサイクルバッグに切り替えています。大きな商品にぴったりのリサイクルバッグは大と小の2サイズがありいずれも150円。不要になったリサイクルバッグは、全国の無印良品の店舗に返却すれば150円は返金されます。

暮らすように旅をする起点「MUJI HOTEL」

6~10階は“アンチゴージャス、アンチチープ”をコンセプトにした世界で3店舗目、日本では初となる「MUJI HOTEL」です。9タイプ全79室の客室は家にいるようなホッとできる心地よい空間を目指して設計され、時間が作り出す風合いの豊かさが感じられるよう、共用部には100年以上前に東京を走った路面電車の敷石や古い船の鉄板が再利用されています。フロアライトやグラス、ドライヤーなど客室の備品の多くが無印良品で買うことができます。

・ミニマルを極めた部屋

「TYPE A」は間口2100mmの最もコンパクトな細長い客室。入り口の扉を収納スペースとして使ったり、天井を高くすることで、圧迫感がなく安らぐ空間に整えています。ベッドのタイプはセミダブル。14~15㎡。定員2名。1万4900円。

・本を読んで夜が更ける部屋

天井が高く上段でゆっくり過ごせる2段ベッドが置かれた「TYPE G」は、壁一面に設えられた本棚に“花鳥風月”をテーマにした書籍が並んでいます。ファミリーでの利用をイメージした設計です。ベッドのタイプは2段ベッド。25㎡。定員3名。2万9900円(3名の場合は+5000円)。
細長い空間ですがベッドの手前にはソファセットがあり、窮屈さを感じません。

・ゆったりくつろげる部屋

「TYPE I」は、1室だけの一番大きな客室。一番に奥にある畳のスペースには本棚があり、ゆったりとした空間で読書が楽しめます。浴室にはヒバの木のバスタブを備えています。ベッドのタイプはツイン。52㎡。定員1~4名。5万5900円(3名の場合は+5000円、4名の場合は+1万円)。
こちらの部屋にも、本棚が設置されています。上では閉じこもって本を読み耽りたいときに、ここでは開放的な空間でゆったりと読書を楽しみたいときに。
壁掛けのBluetoothスピーカーや、アロマディフューザー、グラス、カップ、ドライヤーなど、客室にある多くの備品は「無印良品 銀座」で手に入ります。
もちろんメモやペンも、無印良品店頭で人気の文房具が用意されています。

【Information】
MUJI HOTEL GINZA
https://hotel.muji.com/ginza/ja/

 

Shop Data

無印良品 銀座


所在地:東京都中央区銀座3-3-5
構成:
7-10F MUJI HOTEL
6F MUJI HOTEL フロント、ATELIER MUJI、日本食レストラン「WA」
1-5F 無印良品 売り場
B1F MUJI Diner
https://shop.muji.com/jp/ginza/

取材・文=安藤政弘 撮影=真名子

 

何気ない日常を、大切な毎日に変える @Living http://at-living.press/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    1
  1. 無印良品

関連記事

  1. Diet早朝から深夜まで!「無印良品 銀座」で味わいたい“食”の数々

    早朝から深夜まで!「無印良品 銀座」で味わいたい“食”の数々

    4
  2. Dietかき混ぜ不要ですぐ始められる!「初心者にもできるぬか漬け」無印良品の発酵ぬかどこ

    かき混ぜ不要ですぐ始められる!「初心者にもできるぬか漬け」無印良品の発酵ぬかどこ

    14
  3. Dietこれは何でも使えて便利すぎ!無印のディップ『柚子入り はかた地どりの肉味噌』

    これは何でも使えて便利すぎ!無印のディップ『柚子入り はかた地どりの肉味噌』

    14
  4. Healthcareインフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    インフル回避…!無印のオーガニックハーブティー「エルダーベリー」&「エルダーフラワー」

    18

あわせて読みたい

Pickup