FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    13

オペラ座と噴水の写真

〝シルクロードの都市″のイメージが強いカザフスタンですが、「美人すぎるバレーボール選手」としてとり上げられたサビーナ選手をはじめ、じつは中央アジアの美女大国として知られています。この夏休みを利用して行ったカザフスタンの〝美女が生まれる理由″を勝手に考察してみます。


以前、この「Omezaトーク」にて、カザフスタン旅行の前段記事「乗り継ぎ便でソウルを堪能! トランジットのススメ」、「怖いほど当たる! タロット占いでハッピートラベル♪」を書かせていただきましたが、今回はちゃんとカザフスタンについて書きたいと思います。

カザフスタンに行く前に、いろいろと調べていると、インターネットでのキーワード検索で、「カザフスタン」と入力すると、「女性」「美人 バレー」「美女 多い」…など、「美」というワードが上位にきます。どこかのサイトには「4人にひとりが美女」との記載まであり、本当にそうなのか?と思いながら、アルマトイ国際空港に降り立ちました。

すると…。

確かに、美女が多い!!! 4人にひとりとかではなく、ほとんど美しいのでは?と思ったくらいです。
ただし、ここでいう「美女」とは、器量がいいとか、モデル並みのスタイルとか、そういうことを指すわけではありません。あくまでも個人的な感想になりますが、「表情」と「オーラ」が美しいんですね。あと、お肌と髪。お肌がキレイだからか、それともメイクが薄くてお肌に負担をかけないからか、どちらかはわかりませんが、とにかく美しい。

スーパーの女性店員の写真
スーパーの女性店員さん。お肌の美しさもさることながら、愛らしい笑顔も◎。

そこで、「なぜカザフスタンの女性は美しいのか?」ということを自分なりに考えてみました。

1.野菜、果物、乳製品が多い

スーパーに行くと、野菜や果物、乳製品、ヘルシー食材がとにかく多い! ヨーグルトやソイドリンクだけでも何種類あるのか数えるのがたいへんなくらい、種類が豊富です。
また、街中のカフェやレストランは、フレッシュジュースがメニューにあるお店も多く、パンも一般的な小麦粉とバターを使ったものだけではなく、ライ麦パンも選べるなど、ダイエッターにとってもうれしい環境。滞在中、食事に困ることはなく、とても快適に過ごせました。

スーパーのヨーグルトの写真
食べるタイプ、飲むタイプのヨーグルトがズラリ。

 

スーパーのドリンクコーナーの写真
豆乳、アーモンドミルクの種類の多さにびっくり! まだこれでも1コーナーです…。

 

小皿に入ったオリーブと水槽の写真
左:小さな普通のスーパーでも量り売りのオリーブが。
右:こちらも同じスーパー。水槽に、生きたままの魚やエビが! 百貨店でも専門店でもないのにフレッシュな魚介が手に入ります。
ドリンクコーナーの写真
店内にはフレッシュドリンクコーナーも!

2.ウォーキングやランニングを楽しめる
滞在中の気温は、平均35度強と猛暑日続きでしたが、日光の強さを除けば、なかなか快適に過ごすことができました。
なぜ快適に過ごせたかというと…街の至る所に、スプリンクラーや噴水があるのです。

官公庁の写真
水着を着て水浴びをする子どもたちもいました。
スプリンクラーの写真
道端にあったミスト。

暑いときに、サッと水を浴びて体温を下げることができるのがよかったです。ただし、濡れてもいいような服装でないとたいへんなことになるので要注意(笑)。

3.美しい景色と広い道

カザフスタンの国土の広さは、世界で9位とされています(2019年7月末時点)。これは日本の約7倍に相当します。そんな広い土地に対し、人口は1,860万人(2019年:国連人口基金)と日本の約15%しかいません。そのため、バスや地下鉄は、時間帯によってはそれなりに混みますが、日本のような通勤や帰宅時のラッシュとは無縁。かつ、道を歩いていても、混雑によって人とぶつかりそうになることもなく、ストレスフリー。
街には公園や花壇が至るところにあり、すべてが絵画のように美しく整えられているのに驚きました。公園のベンチですごしている人も多く見受けられ、実際に私もベンチに座って噴水や花を眺めてみたのですが、これがなんともいえないほど気持ちがいい! 久々に優雅な時間を味わいました。

花壇の写真
道が広くて自動車も自転車も通行人も少ない!
花壇の写真
緑に囲まれたカフェやレストランも多い、カザフスタンの都市・アルマトイ。ヒーリング効果絶大!?

 

花壇の写真
公園といっても、それぞれ規模が大きく、まるで植物園のようでした。

 

花壇の写真
信号待ちしていたら、こんな素敵なモニュメントを発見。

ヘルシーな食べものとストレスフリーの環境、美しい景色…。カザフスタンの女性が美しいといわれるのは、外見のことだけではなく、内面からくる美しさ――たとえば、健康的な食生活であったり、心の余裕であったり、美しいものに日々囲まれることからの視覚的な刺激であったりと、さまざまな要因が育んできた賜物ではないかと思います。

海外に行かずとも、少し疲れているなと思ったら近所の公園や河原に行ってみたり、心がささくれ立ってきたなと感じたら、絵画やクラシック・バレエ、書など美しいものに触れてみたりすることもできるので、日々かんたんなことからちょこちょことり入れてみるのもオススメです。

また、もし体を動かすことで、心身ともに健やかになれるという人は、ぜひ、9月7日(土)にFYTTEが開催するイベント、女性限定フィットネスライブ『The Fit&Wellness Live 2019』に遊びにいらしてくださいね! お待ちしております♪

(編集 けーこ)

Omeza トークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    13
  1. Omezaトーク

関連記事

  1. Lifestyle海も魚も全部キレイ!セブ島「all blue」で初ファンダイビング #Omezaトーク

    海も魚も全部キレイ!セブ島「all blue」で初ファンダイビング #Omezaトーク

    26
  2. Lifestyleついに海へ!「PADI」の海洋実習でダイビングライセンスを取得 #Omezaトーク

    ついに海へ!「PADI」の海洋実習でダイビングライセンスを取得 #Omezaトーク

    36
  3. Lifestyle神奈川県の一色海岸でSUP!マリンスポーツが楽しめる「UMIGOYA」 #Omezaトーク

    神奈川県の一色海岸でSUP!マリンスポーツが楽しめる「UMIGOYA」 #Omezaトーク

    43
  4. Lifestyle夏の旅行でダイビング!「mic21」でPADIオープンウォーターのライセンスを取ろう #Omezaトーク

    夏の旅行でダイビング!「mic21」でPADIオープンウォーターのライセンスを取ろう #Omezaトーク

    49

あわせて読みたい

Pickup