FYTTE

Diet
CATEGORY : ダイエット |レシピ

焼いてまぶすだけ! シンプルなのに驚くほど絶品!「焼きねぎのおかかまみれ」 #今日の作り置き

Share
焼きねぎのおかかまみれ

ねぎは焼くと甘みが増して、とってもおいしい!
シンプルにおかかとしょうゆをまぶすだけで絶品なので、ぜひお試しください!

監修 : 中井 エリカ (管理栄養士)

1989年生まれ。大学卒業後、管理栄養士を取得し社員食堂に勤める。現在はフリーランスでヘルシーレシピの提案や健康・栄養関連の記事の監修、執筆などを行う。「簡単・おいしい・栄養満点」をモットーにしたレシピは、InstagramやYouTubeチャンネル「食堂あさごはん」でも日々発信中。著書に『野菜がおいしすぎる作りおき 管理栄養士の体にいいラクおかず184 』(エムディエヌコーポレーション)、『栄養を捨てない料理術』(だいわ文庫)があるほか、『お医者さんが考えた痩せる朝ごはん』(三空出版)では料理監修を担当。最新著書は『夜も食べたい。食堂あさごはんのレシピ』(エムディエヌコーポレーション)。

Contents 目次

作り置きレシピ「焼きねぎのおかかまみれ」

【材料】(作りやすい分量)
長ねぎ 1本
しょうゆ 大さじ1/2
削り節 適量
サラダ油 小さじ1

【作り方】
(1)長ねぎは4cmのぶつ切りにする。
(2)フライパンにサラダ油を引いて熱し、長ねぎを加えて箸で転がしながら中火で焼き色をつける。
(3)しょうゆを加えて全体にからめ、火を止めて削り節を加えて混ぜる。

【ポイント】
・長ねぎは緑色の部分も一緒に切って使います。
・保存期間は冷蔵で4日が目安になります。

長ねぎの下側の白い部分には血液サラサラ効果のある硫化アリルが豊富です。硫化アリルには血行を促進して体を温める効果や、ビタミンB1の効果を高める働きがあることがわかっています。

また、長ねぎの緑色の部分は抗酸化作用のあるβカロテンを多く含みます。βカロテンは体内でビタミンAに変わり、肌や粘膜の健康維持、免疫力アップに役立つといわれています。

長ねぎはフライパンでじっくり焼くと、独特な辛味が抜け、甘くおいしくなります♪
今回はシンプルにおかかじょうゆにしましたが、ごま和えや、焼きねぎをみそ汁などに加えてもとってもおいしいです♪

焼くだけでひと味違うおいしさを楽しめるので、ぜひ試してみてくださいね!

関連記事

  1. Diet冷蔵庫に余りがちな野菜を大量消費! さっと作れてムダなくおいしい作り置きレシピ4選

    冷蔵庫に余りがちな野菜を大量消費! さっと作れてムダなくおいしい作り置きレシピ4選

    14
  2. Dietいつもの漬け物とひと味違うおいしさ! 「大根のラー油漬け」 #今日の作り置き

    いつもの漬け物とひと味違うおいしさ! 「大根のラー油漬け」 #今日の作り置き

    11
  3. Diet漬ける、和える、レンチン…カンタンだけど抜群においしい! 中井エリカさんの人気作り置きレシピ5選

    漬ける、和える、レンチン…カンタンだけど抜群においしい! 中井エリカさんの人気作り置きレシピ5選

    18
  4. Diet大量消費してもダイエットにうれしい! 「キャベツのごまマヨ和え」 #今日の作り置き

    大量消費してもダイエットにうれしい! 「キャベツのごまマヨ和え」 #今日の作り置き

    17

おすすめの記事PICK UP