FYTTE

Healthcare
CATEGORY : ヘルスケア |風邪予防

地味だけど、やみつきになりそうな不思議な味わい! 季節の変わり目にオススメの「十品目のど飴」 #Omezaトーク

Share
10品目のど飴

気温の寒暖差が感じられるきょうこの頃。少しずつのどの乾燥が気になってきました。私は特にのどが弱いので、そろそろのど飴を常備しなければと思っていたところに、心惹かれる商品を見つけました! さて、そのお味はというと…?

Contents 目次

ミントなどのハーブが利いたスッキリ系やはちみつといった甘い系など、のど飴もさまざまな種類がありますよね。今回、ご紹介するのは、ちょっと変化球。その名も「十品目のど飴」です。ネーミング通り、りんご、だいこん、ゆず、しょうが、梅、はちみつ、ねぎ、れんこん、紅茶、きんかんの10品目を組み合わせたのど飴なんです!

この10品目は寒い季節や季節の変わり目に食すとよいとされる伝統的な食材なのだそう。たしかに、ねぎやはちみつなど、風邪予防でもおなじみの食材も入っていますね。

10品目が記載されたパッケージ

個人的に惹かれたのが、1粒で10品目のエキスがとれるのはもちろん、れんこんやだいこんといった根菜エキスも入っているところ。いったい、どんな味なのか?という興味がわき、試してみることにしました。

十品目のど飴

口に入れたときは、なんとなく、だいこん、ねぎのような野菜の風味が感じられ、やはり、ふつうののど飴とはちょっと違う不思議な味わい。でも、なめていると、しょうがやはちみつの味がほんのりと広がってきます(個人の感想です)。

全体的にはそれぞれの食材の風味がバランスよく調和していて、まろやか。メントールのようにエッジが利いた味わいではないので、スッキリ感は得られにくいですが、じんわり口のなかになじんできます。

私の場合は、ミント入りなどはっきりした味の飴に慣れていたので、最初はちょっと物足りないかな~と思ったものの、1粒、2粒となめているうちに、気づけばやみつきに。刺激がない分、のど飴っぽくない、のど飴なので(笑)、口ざみしいときに気軽にとり入れられるのも◎。強めの味が苦手な人にもオススメだと思います!

(編集 kico)

Omezaトークとは…
FYTTE 編集部員が、みなさんの朝のお目覚ましになるようなダイエット・美容・健康小ネタをお届けするコラムです。

 

関連記事

  1. Healthcare打ち合わせの前はこれ! のどの乾燥対策におすすめなアイテム2つ #Omezaトーク

    打ち合わせの前はこれ! のどの乾燥対策におすすめなアイテム2つ #Omezaトーク

    35
  2. Healthcareいろんなタイプののど飴でおいしく風邪予防! おすすめのアイテム3つ #Omezaトーク

    いろんなタイプののど飴でおいしく風邪予防! おすすめのアイテム3つ #Omezaトーク

    40
  3. Healthcare清王朝時代から受け継ぐ秘法!? カルディで見つけた 台湾の定番のど飴「念慈菴(ニンジョム)」

    清王朝時代から受け継ぐ秘法!? カルディで見つけた 台湾の定番のど飴「念慈菴(ニンジョム)」

    65
  4. Healthcareひと粒70円の高級のど飴!カルディで見つけたNZ産「マヌカハニー」薬用のど飴の効果がすごい。

    ひと粒70円の高級のど飴!カルディで見つけたNZ産「マヌカハニー」薬用のど飴の効果がすごい。

    67

おすすめの記事PICK UP