FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    44

納豆と白菜のコールスロー

納豆好きにはたまらないおいしさ。冬にあまりがちな野菜を使って簡単に作れる
サラダです。今日は、管理栄養士のエダジュンさんに腸活におすすめの「納豆と白菜のコールスロー」を教えていただきます。


どんぶりいっぱい食べたくなる「納豆と白菜のコールスロー」

納豆と白菜のコールスロー

こんにちは。管理栄養士のエダジュンです。
本日の腸活食材は「納豆」です。

納豆は意外と日持ちがせず、ご飯と一緒に食べることが多いですが、サラダとしてもおすすめです。そして、キャベツで作ることの多いコールスローはこの冬の時期は、甘さのある白菜で作るとおいしいです。最後にごま油を少しだけ入れると、香りもコクも楽しめて、とってもおすすめです! ぜひ作ってみてください。

<材料 1人分>
・白菜 葉2枚(100gほど)
・納豆 1パック
・塩 少々
・マヨネーズ 大さじ2
・ごま油 小さじ1/2
・きざみのり お好み

<作り方>

せん切りした白菜

1.白菜は太めのせん切りにして、塩でもみ込み、水が出てきたら、しっかりときる。

せん切りした白菜にカラシを入れる

2.納豆は付属のタレと混ぜる。
※付属のからしがあれば、入れると、からしマヨの風味にもなります。

せん切りした白菜にマヨネーズを入れる

3.ボウルで全材料を和える。

納豆と白菜のコールスロー

!!栄養メモ!!
納豆は「大豆」でできているので、オリゴ糖が含まれております。オリゴ糖は、善玉菌のエサとなるので、腸内細菌を増やしてくれます。また、納豆には「納豆菌」が含まれています。その納豆菌は、生きたまま腸内まで届いてくれます。ほかの乳酸菌は、胃に入った段階で、胃酸にやられてしまい、生きたまま届かない場合があったりします。
今回使用した白菜には食物繊維が含まれているので、腸内環境を整える働きがあったり、免疫力を高めるビタミンCが豊富に含まれているので、これから寒くなる時期に積極的にとりたい野菜のひとつでもあります。

エダジュン

エダジュン

料理研究家。管理栄養士。Soup Stock Tokyoにて本社勤務を経験したのち、料理研究家として独立。「パクチーボーイ」の愛称で書籍や雑誌、イベントやTV出演。またレシピ開発、料理教室主催、社員食堂のプロデュースなど幅広く活躍。ワクワクする料理・レシピが人気。著書に『クセになる! パクチーレシピブック』(PARCO出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)がある。

ホームページ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    44

関連記事

  1. Dietクセになる味。おいもの甘みを生かした「さつまいものしょうがきんぴら」 #腸活レシピ

    クセになる味。おいもの甘みを生かした「さつまいものしょうがきんぴら」 #腸活レシピ

    14
  2. Dietやせ菌を増やす「発酵キャベツ」の作り方。塩とキャベツを保存ポリ袋に入れるだけ! #腸活レシピ

    やせ菌を増やす「発酵キャベツ」の作り方。塩とキャベツを保存ポリ袋に入れるだけ! #腸活レシピ

    20
  3. Diet筋トレやダイエット食に! ツナとブロッコリーの「オートミールドリア風」 #腸活レシピ

    筋トレやダイエット食に! ツナとブロッコリーの「オートミールドリア風」 #腸活レシピ

    7
  4. Dietピリ辛で食欲そそる味! やみつきになる「ごぼうのピリ辛しょうゆ漬け」#腸活レシピ

    ピリ辛で食欲そそる味! やみつきになる「ごぼうのピリ辛しょうゆ漬け」#腸活レシピ

    10

あわせて読みたい

Pickup