FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    0

キャベツのレシピ3つ

今回ご紹介するレシピは火を使わず、調理法もとてもシンプルで簡単。生のキャベツをおいしくいただくにはおすすめです。あと一品欲しいときにいかがですか。今回は、人気料理家・管理栄養士のエダジュンさんのレシピより、キャベツを使った簡単レシピ3つをご紹介します。


やせ菌を増やす「発酵キャベツ」の作り方

発酵キャベツ

<材料 作りやすい分量>
・きゃべつ 1/4玉(約350g)
・塩(約2%) 小さじ1と1/2

<作り方>
1.キャベツはせん切りにする。
2.チャックつき保存袋に(1)と塩を入れて、全体をもみ込む。
3.(2)に空気を抜いて、重石(ペットボトルなど)をのせて、冷蔵庫で4〜5日ほど保存する。
※細かい泡がでて、酸味の香りがでてくるのが目安です。
塩味があるので、そのままでも。
パンにのせて、副菜としてぜひ召し上がってください!

食感がやみつきになる「キャベツときゅうりのゆずこしょうマリネ」

キャベツときゅうりのゆずこしょうマリネ

<材料 作りやすい分量>
・キャベツ 200g
・きゅうり 1本
・塩 小さじ1/4
(A)
・いりごま(白) 小さじ2
・ポン酢 大さじ2
・ごま油 小さじ2
・ゆずこしょう 小さじ1/2

<作り方>
1.キャベツはひと口大に手でちぎる。きゅうりは縦半分に切り、斜め切りにする。
(きゅうりは写真のように切ると、カサが増え1本でも満足に楽しめます)
2.(1)に塩をふりかけ、しっかりともみ込む。
野菜から水分がでてきたら、捨てる。
3.(2)と(A)を合わせて、もみ込む。

5分で作れる!「キャベツのゆず麹浅漬け」

キャベツのゆず麹浅漬け

<材料 1〜2人分>
・キャベツ 100g
・ゆず  1個
※ゆずが手に入らない時期はレモンやみかん、かぼすなどでも代用可能
・塩麹 大さじ1
・塩昆布 大さじ1

<作り方>
1.キャベツはひと口大に切る。ゆずは半分に切り、果汁(大さじ1)を絞り、皮は包丁などでお好みの量を削ぐ。
2.ボウルに材料を全部入れて、和える。

いかがでしたか。
食物繊維が豊富なキャベツは、腸活におすすめな食材ですが、胃酸の分泌を抑えて、粘膜の修復を助ける働きがあるビタミンUも含まれており、胃の健康にも役立つ野菜です。胃腸の調子がイマイチだな、と感じたら、キャベツを食べて胃腸を労りませんか。

FYTTEには、ほかにもいろんなレシピが載っています。
ぜひ、参考にしてみてください。

連載・関連記事

  1. 美容と健康をアシスト! 「鶏胸肉とキャベツのくるみ和え」#今日の作り置き

  2. 新生活で乱れがちな自律神経を整える「春キャベツとトマトのやみつき旨和え」#西岡麻央のヘルシーおつまみ

FYTTE 編集部

FYTTE 編集部

ダイエット専門誌として1989年に雑誌創刊し、2016年よりWEBメディアに。ダイエットはもちろんのこと、ヘルスケア、ビューティなど体の内側からも外側からも美しくかつ健康でいるための体づくりのノウハウを、専門家への取材とともに紹介。“もっと、ずっと、ヘルシーな私”のキャッチフレーズとともに、編集部員も自らさまざまなヘルシーネタを日々お試し中!

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    0

関連記事

  1. Diet激うまメニューが完成! 乳酸菌、食物繊維もとれるキムチを使ったアレンジレシピ3品

    激うまメニューが完成! 乳酸菌、食物繊維もとれるキムチを使ったアレンジレシピ3品

    0
  2. Diet調理が簡単でシンプル、おいしい! 胃腸の健康に役立つキャベツレシピ3品

    調理が簡単でシンプル、おいしい! 胃腸の健康に役立つキャベツレシピ3品

    0
  3. Diet低カロリーでヘルシー! ダイエット中にもおすすめなキムチを使ったレシピ4品

    低カロリーでヘルシー! ダイエット中にもおすすめなキムチを使ったレシピ4品

    0
  4. Diet「新ごぼう」で作ってみよう。食感がやみつきなる! 腸活にもおすすめな簡単レシピ3つ

    「新ごぼう」で作ってみよう。食感がやみつきなる! 腸活にもおすすめな簡単レシピ3つ

    0

Pickup