FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    76

坦々鍋の完成イメージ

素材を入れて煮込むだけの鍋は、調理が簡単なだけでなく、食材を組み合わせることにより、いろいろな栄養素を手軽にとることができるメニュー。その上ヘルシーなので、ダイエッターにもおすすめです。今回は管理栄養士の大越郷子先生に、ダイエット効果を上げる鍋の食べ方を教えていただきました。


やせる食べ方4ルール

食べ方や素材の選び方でやせ効果がアップする鍋。下記のルールを、しっかり覚えておきましょう!

<ルール1>ひとくち目は野菜から食べる!

ひとくち目はカサが減って食べやすくなった野菜で、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を補給。野菜でお腹を満たせば、ムリなくお肉やごはんの量を減らせます。

<歯ごたえのある野菜は大きめにカット>
白菜、きのこなど、歯ごたえのある野菜は、あえて大きめにカットして、食べごたえをアップ。かむ回数も増え、満足感も上がるので、食べ過ぎを防ぐメリットが。

<ルール2>辛味調味料をプラスして、代謝アップ!

とうがらしやカレー粉の辛味調味料や、かんきつ系にふくまれるクエン酸には代謝アップ効果が。鍋のスープやたれに加えると、味の変化もつくので飽きずに続けられます。

<ルール3>春雨、くずきり、ねり製品の食べ過ぎに注意

のどごしがよい春雨は、ツルツルとたくさん食べてしまいがち。くずきりはヘルシーに見えますが、炭水化物だということをお忘れなく! また、ねり製品の中でも揚げたものは高カロリーです。鍋の食材はすべて低カロリーではありません。食べ過ぎには注意して。

<ルール4>主食、肉、魚などは最初に食べる量を決めておく

継ぎ足して食べるうち、うっかり食べ過ぎてしまうことも……。カロリーオーバーの原因になりやすい主食の炭水化物や、おかずのたんぱく質は最初に食べる量を決めておきましょう。

<引用したのはこちらの記事!>
やせ体質に変わる!鍋の食べ方4ルール

ここからは、日々の生活に役立つレシピをご紹介!
簡単にできる鍋レシピを、さっそくチェックしてみましょう。

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    76
  1. ビタミン
  2. やせる食べ方
  3. 食物繊維

関連記事

  1. Diet内側からキレイになれる食べ方と夜におすすめのたんぱく質レシピ3選

    内側からキレイになれる食べ方と夜におすすめのたんぱく質レシピ3選

    107
  2. Dietプロがおすすめする、太らない間食のルールとおやつレシピ3選

    プロがおすすめする、太らない間食のルールとおやつレシピ3選

    111
  3. Diet管理栄養士・麻生れいみさんが教える!太りにくくなる「食べ合わせダイエット」

    管理栄養士・麻生れいみさんが教える!太りにくくなる「食べ合わせダイエット」

    132
  4. Healthcare切って放置で抗酸化成分倍増!? ブロッコリーの栄養を逃さない調理のコツ

    切って放置で抗酸化成分倍増!? ブロッコリーの栄養を逃さない調理のコツ

    45

あわせて読みたい

Pickup