FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    ごはん好きvs揚げもの好きvs甘いもの好き。食べたいものを上手に食べてやせる方法

  1. Share

  2. お気に入り

    7

デザートを食べようとする女性

ダイエット中はお菓子や揚げものを食べるなんてありえない。そう思っていませんか? でも、食べ方を変えればゼロにしなくてもいいんです! ご本人も13kgやせし、多くの人たちのダイエットを成功に導いてきた、ダイエットアドバイザー岸村康代さんにその方法を教えていただきました。ごはん好き、揚げもの好き、お菓子好きのみなさん必見です!


ごはん好きな人は、回数限定で取り入れる!

とにかくお米が好きでごはんをしっかり食べないと、食事をした気がしない。そんな人が陥りやすいのは、食後に血糖値が急上昇し、それが急降下したときにまた食欲がわくという悪循環で太っていくパターン。だからといって、食事中の糖質を全部やめてしまうと、ストレスがたまってリバウンドしてしまう場合が多いのです。では、大好きなごはんを食べながら、ダイエットで結果を出すにはどうしたらよいのでしょうか?

ごはんを食べる女性

「ごはんを食べる回数を決めることです。週に3回だけOKとか、お昼だけはOKなど、自分で規則をつくります。その際、できるだけ、夜は糖質を控えるようにするとよいでしょう。夜食べられなくても、“あと数時間たてば食べられる”と思えば、乗り越えやすくなります」
ごはんを食べるときは、その位置づけを買えるのもポイント。まず、野菜たっぷりのおかずをメインとして食べ、ごはんをあとでごほうびとして食べるのです。すると、自然と、ごはんを食べる量が減り、バランスが整いやすくなります。夜に我慢するのがつらい場合は、ごはんの代わりに豆腐をしっかり食べる、お腹がすいたらトマトジュースや豆乳を飲んでみる、など、自分なりのつらくない方法をためしながら様子をみるのがおすすめです。

脂っこいものが好きな人はキャベツとの合わせワザで!

唐揚げ、とんかつ、天ぷら。肉類や揚げものが好きな人は、どうしても摂取カロリー過多で太るという典型的なパターンに陥りがち。ダイエット中の食べ方はどうしたらいいのでしょうか?

キャベツは大きめに切ってたっぷりと食べる

「どうしても食べたいときは、一緒に食べる食材でダメージを食い止めるとよいと思います。とんかつ、唐揚げ、ハンバーグなど脂質が多いメインディッシュのときは、その前にキャベツをたっぷり食べるんです。おうちなら、ざく切りにしたり、ちぎったりして、大きめにして歯ごたえを出すとより満腹感が得られるので効果的です。ごま油と塩を少しプラスして食べるのもよいでしょう」
脂質には中毒性があるため、揚げもの好きな人は、すでに「無性に揚げものが食べくなる」中毒状態になっている可能性が! これを断ち切る食材も食事に取り入れるとよいそうです。それが玄米や胚芽米入りのごはん。
「豊富に含まれるγ―オリザノールという成分は、脂質の中毒性をリセットするのに効果的なんです。それに加え、玄米は食物繊維がたっぷりで血糖値の急上昇も防ぎ、糖質の代謝を助けるビタミンB群も豊富と、ダイエット向き。しかも、白米よりも噛みごたえがあるため、満腹感につながります。最近は白米感覚で炊ける発芽玄米も人気なのでこれを取り入れるのもおすすめです」

甘いもの好きな人は豆乳でその場リセット

お菓子が大好きで、1日の摂取カロリーは同じだからと、お菓子で食事をすませようとしたり、毎日のおやつが欠かせないといった人は、お菓子はごはん以上に血糖値の急上昇急降下を招きやすいため、太りやすくなります。こんなスイーツ女子への秘策は?
「まずは、かぼちゃやさつまいものおやつを工夫しましょう。ダイエット中、糖質が多い野菜 はNGと思っている人も多いのですが、スイーツがわりにとるのはOKです。糖質だけでなく、食物繊維やビタミン類が豊富に含まれているので、甘いものを単体でとるよりはるかにダメージが少ないのです。食物繊維は便の量を増やしたり、腸を刺激してお通じをよくするという働きも期待できます」

スイーツには豆乳でその場リセット

どうしても、ケーキなどスイーツ類を食べたいときは、その前に豆乳を飲んでおくのがポイントなのだとか。カフェで豆乳ラテなどを一緒に注文してもOK。これだけで、血糖値の上昇がゆるやかになるのだそう。合わせる飲み物で、その場リセットできるのであれば、ぜひ活用したいですね。

さらにくわしく、岸村さんのメソッドを知りたい人はこちらをチェック!

書影

取材・文/野上郁子<オフィスhana>

岸村 康代

「大人のダイエット研究所」代表理事。フードプランナー、管理栄養士、野菜ソムリエ上級プロ。目的に合わせて効率よく栄養をとる“パワーフードスタイル”を提唱。忙しい大人のための食の推進を目的に、「大人のダイエット研究所」を設立。「繊活」や「ズボラレシピ」など、現代社会に求められる食の提案を行う。「食べないリセットから、食べるリセット」をテーマにした「リセットごはん®」商品もプロデュース。栄養監修、商品コンサルティング、メディア出演など、多方面で活躍中。著書に『いつもの料理にかけるだけ おからパウダーダイエット』(セブン&アイ出版)、『落とした脂肪は合計10トン! 伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方』(東洋経済新報社)がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    7
  1. 10kgやせ
  2. 糖質オフ
  3. 間食

関連記事

  1. Diet10kgやせ成功者がたどり着いた「ダイエット中のストレス」との付き合い方

    10kgやせ成功者がたどり着いた「ダイエット中のストレス」との付き合い方

    64
  2. Diet10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    10kgやせ成功者が実践する「食べたい!」の誘惑に打ち勝つ方法

    44
  3. Diet糖質オフはなぜ失敗する? 糖質と上手につき合ってやせた13kgやせ管理栄養士の成功法則

    糖質オフはなぜ失敗する? 糖質と上手につき合ってやせた13kgやせ管理栄養士の成功法則

    10
  4. Diet【漫画レポート】24kgやせ読者のおすすめダイエットもどき料理

    【漫画レポート】24kgやせ読者のおすすめダイエットもどき料理

    70

あわせて読みたい

Pickup