FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    リバウンドなし!15kgやせに成功して身につけた「久式やせグセ10か条」

  1. Share

  2. お気に入り

    19

メジャーを持つ女性

「足首まわし」や「押すだけダイエット」で15kgやせに成功した美脚トレーナー&ボディメンテナンスセラピストの久優子さん。ダイエットに成功してから、現在もスリムなボディと美脚をキープしている理由は、意識的に行なっている10か条の“やせグセ”。一体どんなことを行っていたのか、久さんに伺ってみました。

監修
久 優子

■久式・やせグセ10か条

<1> 全身鏡でボディラインをこまめにチェック

鏡を見る女性 

全身鏡でボディをこまめにチェックするのが習慣。〝ここにお肉がついてきたな〟と、ちょっとした変化に気づけるので、マッサージをするなど、すばやくケアできラインのくずれを防げます。
理想体重じゃなくても、〝このラインならOK〟と思えたらよしとしているので、体重の増減に振り回されることがなくストレスがありません。

<2>家でも部屋着に着替えない
朝起きてメイクをしたら外出できる服に着替えて、家でも1日中、夜お風呂に入るまでその服で過ごします。ウエストがゴムになったスウェットなどの部屋着を着ていると、お腹まわりがゆるいのでつい食べ過ぎてしまいますが、ウエストが締まった外出着を着ていればたくさん食べられないので食べ過ぎることもありません。寝そべってダラダラと過ごすこともなくなり、太りにくくなります。

<3>歩くときの重心移動に気をつける
歩くときには必ず、かかとから着地して重心を“小指→親指”と移動させて蹴り出すという、正しい重心のかけ方を意識しています。脚はキツイ筋トレをすると余計な筋肉がついてラインがくずれてしまうので私の場合は逆効果。
それよりこの歩き方を意識するだけで脚の筋肉が適度に鍛えられてラインがキレイになります。血流もよくなってむくみも解消。

<4> バッグの中身を整理する

バッグの中身 

バッグの中にいろんなものを入れ過ぎて、ぐちゃぐちゃになっている人がいますが、そういう人は心も整理されていないので余計なものを食べ過ぎる傾向が。バッグが重いと体もゆがみ、いいことがありません!
私は毎日出かける前に、前日にバッグに入れていたものをとり出して、必要なものとそうでないものを仕分け、荷物を最小限にしています。

<5>食事は和食を中心に
糖質を減らすなどという “NGを設けるダイエット”はストレスになるのでしていません。その代わりに心がけているのが和食を中心にすること。野菜をたくさん入れたみそ汁など、汁ものは必ずメニューに加えています。
ひじきやこんにゃくなどの煮ものや良質なタンパク質として卵や大豆、お味噌や漬物など発酵食品は意識的に摂ります。そして季節の食材を使った和食メニューでその時々の栄養を摂取しています。

<6>腹八分目を心がける
食事で必ず守っているのが食事は腹八分目にすること。そうすることで胃腸などの内臓が疲れず、働きが良くなるため、代謝が上がりやすく、健康体になり、太りにくくなります。

<7>水の飲みすぎに気をつける
「水を1日に2リットル飲んでいる」というモデルさんなどのマネをして、たくさん水を飲む人がいますが、水分の代謝力は人によって違います。代謝が悪い人が水を飲みすぎるとむくんで水太りします。なので、私はあまり水分をとり過ぎないようにしています。1日に飲んだ水の量と、その日の体調やトイレの回数などをチェックし、自分に合った水の量を見極めることをおすすめします。

<8>髪の毛を自然乾燥させない

髪を乾かす女性

髪を洗ったあとドライヤーで乾かさずに寝る人がいますが、これはNG。
髪が濡れたまま寝ると、顔や首まで冷えてしまい、顔のむくみの原因に。特に地肌はしっかり乾かしましょう!!

<9>補正下着はつけない
補正下着をつけるとやせては見えるかもしれませんが、体を締めつけて一時的にボディラインを整えているだけで、実際にはやせません。補正下着、ガードルなどを常用していると血流が悪くなるばかりか、リンパの流れも悪くなるので、代謝の悪い身体を作ってしまいます。パーティなどの短時間の着用はOKですが普段使いはやめましょう!

<10>イタリア発の医療用から進化した着圧ソックスを愛用
日本で手に入る着圧ソックスは締め付けが強いと感じるため、私は着圧ソックス反対派!そんな私が1年半ほど前から気に入って愛用しているのがイタリアのブランド「ソリデア」の着圧シリーズ。医療用から進化した「機能性」も「ファッション性」も兼ね備えたアイテムばかり。
何と言っても医療用から進化した商品なので締めつけが強過ぎず、体に負担のない着圧でしっかりむくみを改善してくれます。『ソリデア メディック ナイトウェルネス 遠赤外線着圧ウエア』は寝るときにはくタイプですが、夏場は冷房によるむくみ予防に!冬場はレッグウォーマー代わりに使用しています。飛行機や新幹線に乗るときの必需品でもあります。

以上が、久さんご自身が実際に15kgやせに成功した「久式やせグセ10か条」。今日からマネできそうことも多いですよね。ダイエット中の人は、ぜひ久さんの習慣や考え方を自分の生活にとり入れてみてはいかがでしょう。

モデル/加藤夏子 撮影/山上忠 ヘア&メイク/斉藤節子 取材・文/和田美穂

久 優子

ボディメンテナンスサロン『美・Conscious〜カラダ職人〜』代表。美脚トレーナー。脚のパーツモデルを経て、ホリスティック医学第一人者である帯津良一医師に師事。予防医学やリンパケアなどを学び、独自のボディメンテナンスメソッドを確立。美脚作りはもちろん、体のバランスを整える駆け込みサロンとして有名人のファンも多い。『押したら、ヤセた』『たたいたら、ヤセた』(ともに宝島社)など著書も多数。最新の著書は『のばして美やせ』(光文社)。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    19
  1. 10kgやせ

関連記事

  1. Diet15kg減量に成功した私の夏の過ごし方! 太りやすい人必見「いつもの○○」が夏太りを招いているかも!?

    15kg減量に成功した私の夏の過ごし方! 太りやすい人必見「いつもの○○」が夏太りを招いているかも!?

    22
  2. Diet−15kgの減量を成功させた、エステティシャンのダイエットHOW TO

    −15kgの減量を成功させた、エステティシャンのダイエットHOW TO

    55
  3. Diet15kg減量に成功!今でも体重・体型を維持するために継続している習慣5つ

    15kg減量に成功!今でも体重・体型を維持するために継続している習慣5つ

    23
  4. Diet40kgやせしたインスタグラマーが教える「ダイエットを始めるときの心構え」

    40kgやせしたインスタグラマーが教える「ダイエットを始めるときの心構え」

    39

あわせて読みたい

Pickup