FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    58

オシャレな女性の美脚

ウォーキングスタイリストの櫻田千晶さんが提唱する「In Show ウォーク」は、第一印象がグッとよくなる歩き方。キレイな姿勢をキープしながら歩くことで、美脚はもちろん、バツグンのやせ効果を得られます。そこで今回は、美しく歩いてやせる秘訣を教えていただきました。


腹筋を鍛えて、体幹を強める“歩く筋トレ”

数秒で決まるといわれる第一印象の決め手は「姿勢」だと、櫻田さん。

「姿勢を整えるうえで意識したいのが、体幹です。お腹に力を入れ、前回ご紹介した『ウォーキング6原則』の方法で歩くと、全身の筋肉を効率よく使うことができ、代謝がアップ! やせやすい体になります。『In Show ウォーク』は、単なるウォーキングではなく、”歩く筋トレ”といえますね」(櫻田さん)

「In Show ウォーク」で、とくに鍛えられるというのが腹筋。

「胴体部分の骨は、背骨とあばら骨、骨盤で構成されていて、お腹には骨がありません。そのため、腹筋が弱いと体幹をしっかり保つことができず、背中が丸まり、骨盤もゆがみやくなります。
また、腹筋の弱さは、太ももを太くする原因にも。腹筋が弱いと、骨盤が腹筋の役割を果たそうとして前にずれ、さらに横にも広がり、そこにお肉がつくことで太ももが太くなります。腹筋を鍛えると骨盤が締まるので、自然と太ももだけでなく下半身全体がしなやかに細くなるのです」

それでは、ウォーキングの姿勢から教えていただきましょう!

<姿勢のつくり方>

姿勢のつくり方

〈1〉背中を向けて壁の前に立ち、かかと・お尻・肩を、壁につける。

姿勢のつくり方2

〈2〉壁から一歩前に出て、両脚を揃えて立つ。肩の中心の真上に、耳の穴がくるように姿勢を調整。
お腹に力を入れて内側に引き入れる。

ここがポイント!

肩甲骨の寄せ方

左右の肩甲骨を寄せて肩の力を抜く。こうすることで、お腹が引き上がり、体幹が鍛えやすくなります。後ろ姿もスッキリと引き締まった印象に。

この姿勢のまま「ウォーキング6原則」の方法で歩くと、モデル級の美しい歩き方ができ、さらに筋トレ効果を得られます。

 

ウォーキングのほかにも、日常生活でやせるポイントがあるのだとか。3つのやせポイントをチェックしてみましょう!

 

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    58
  1. ウォーキング
  2. 美脚

関連記事

  1. Fitness美ウォーキングでモデル級の美脚をつくる!「ウォーキング6原則」

    美ウォーキングでモデル級の美脚をつくる!「ウォーキング6原則」

    107
  2. FitnessゆがんでしまったO脚、X脚の悩みも解消!プロが教える美脚メイク術

    ゆがんでしまったO脚、X脚の悩みも解消!プロが教える美脚メイク術

    141
  3. Fitness「つま先ウォーク」で美脚を目指す!簡単ウォーキングエクササイズ

    「つま先ウォーク」で美脚を目指す!簡単ウォーキングエクササイズ

    11
  4. Fitness毎日の美尻トレーニングに!寝ながらできるヒップアップエクサ

    毎日の美尻トレーニングに!寝ながらできるヒップアップエクサ

    8

あわせて読みたい

Pickup