FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    61

50秒でやせる! 40代からでも遅くない、たるませないボディの作り方

40歳を過ぎたあたりから体型が変わった、やせにくくなったetc…20代、30代の頃の自分とは体が違うと感じている人も多いのでは。そこで、ボディメイク・メソッド「タテ伸びモーション」を提唱するパーソナルトレーナーの日高靖夫先生に、40代から効率よく、かつ効果的に、たるみのない美ボディを作る方法を教えてもらいました。

監修
日高 靖夫

■体が変わる40代は生活習慣を変えるチャンス!

40歳以降、やせにくくなる主な原因は、加齢による筋肉の減少や、それに伴う代謝の低下。また、女性ホルモンのバランスの乱れなどが考えられます。

「体が変わる年齢として、僕が目安にしているのは“厄年”です。女性の場合は37歳、男性であれば42歳が本厄。古くから言われている通り体の変わり目の年です。このタイミングを機に体の変化に気づき、生活習慣を見直すことで10年後、20年後の体に差が出ますよ」(日高先生)

とはいえ、40歳前後の女性は、子育てや仕事で忙しい時期。やせにくくなった体の変化を実感する一方で、ダイエットのために定期的にスポーツクラブやジムに通ってトレーニングを行うのはなかなか難しいもの。

「スポーツクラブやジムは、例えるなら、非日常空間。忙しい世代の女性が、非日常空間でトレーニングを行うのはハードルが高く、ザセツしやすい環境といえます。代謝を上げるために生活習慣を変えるなら、日常の動作をトレーニングに変え、多忙な毎日のすき間時間にできることを行うのがベストです」(日高先生)

日高先生がレクチャーする「タテ伸びモーション」は、50秒間体をタテに伸ばして鍛えることで、美しいボディラインを叶えるボディメイク・メソッド。
トレーニングのポイントは、日常生活の中でキレイな姿勢をキープすることです。すると、「姿勢筋」と呼ばれる背骨まわりのインナーマッスルが鍛えられ代謝がアップ。また、キレイな姿勢をとることで背骨が正しい位置に整えられ、関節の可動域が拡大。アクティブに動けることで代謝も上がり、女性らしいシルエットの美ボディが手に入ります。

■40代以降は、体を慈しむていねいなトレーニングが鉄則

40代以降のボディメイクで、日高先生が心がけていることは「体を痛めつけない」こと。

「学生時代の部活のようなハードな運動は、40歳以上には逆効果。ケガにもつながりやすいです。大人の女性が美しい体を目指して『タテ伸びモーション』を行う際、私が大切にしているコンセプトが3つあります」(日高先生)

コンセプト1:自分の体を大切にていねいに扱うこと
トレーニングを行うときは、現状の筋肉や関節の動きを把握することが大事。そのうえで、ムリのない程度にゆっくり「タテ伸びモーション」を行うと快適に体を鍛えることができます。

コンセプト2:美しい姿勢を保てる範囲内で体を動かすこと
「タテ伸びモーション」は体のメカニズムに即した安全な動作ですが、柔軟性には個人差があります。自分の可動域の範囲で美しい姿勢をキープすることが大切です。

コンセプト3:美しい動作を日常的に意識すること
「タテ伸びモーション」で、キレイな姿勢を体に記憶させたら、その姿勢を「立つ・座る・拾う」の日常動作に活用すると効果的。日々の積み重ねで、ボディラインが美しく整えられると同時に代謝が上がり、やせやすい体になります。

それでは、さっそく「タテ伸びモーション」にトライ! 今回は40代のボディラインを、より美しく進化させる「立つ・座る・拾うモーション」の応用編をレクチャーします。
≫「タテ伸びモーション」の基本の動きはこちら

■立つ・座る・拾うモーション 応用編

日常動作の美しさを極めながらトレーニングする「立つ・座る・拾うモーション」応用編で、ボディラインに磨きをかけましょう。

●ウエストシェイプ&ヒップアップを叶える「ななめ壁ドン」

壁に手をつき、上半身&下半身を伸ばすことで、背中〜ウエスト、脚の裏〜お尻のラインが引き締まり、全身のシルエットをスッキリ整えます。

1、壁の前に立ち、脚を肩幅に開く。床と平行になるように、壁に両手をつける。このとき、肩が上がらないように気をつけて。

2、壁に両手をつけたままひじとひざを伸ばし、お尻をうしろに引く。背中は自然なカーブを保ち、わきの下、ひざ裏をじっくり伸ばしながら30秒キープ。

●背中&内もものラインを引き締める「カエルポーズ」

股関節を開いて内ももの筋肉を伸ばすことで、ほっそりとした太もものラインを作ります。腰〜背中もストレッチされて美しいバックシャンに。

1、脚を肩幅に開き、背すじを伸ばして立つ。両足のつま先を外に向け、胸の前で両手のひらを合わせる。

2、ひざの向きとつま先の方向をそろえ、お尻を下ろしてしゃがむ。ひじでひざを外側に押し、視線をまっすぐ前に向ける。1→2を10回くり返す。

●視線集中! 理想のボディラインを作る「モデルポーズ」

デコルテから背中、背中からヒップ、ヒップからレッグまで、一気にアプローチするポーズ。メリハリの効いた理想的なボディラインを実現できます。

1、両手を骨盤におき、頭、背中、お尻の3点を一直線のラインでつなぐ。股関節から上半身を曲げ、脚の裏側が伸びるのを感じるところまで前屈。

2、右ひざを伸ばし、左ひざを軽く曲げてかかとを上げる。肩甲骨から動かすイメージで、上半身を右にねじる。

3、次に右ひざをかるく曲げて、かかとを上げる。肩甲骨から動かすイメージで上半身を左にねじる。2→3を15往復する。

エクササイズは、笑顔で行うと効果UP! 笑顔になると体の力みがとれ、しなやかに筋肉を伸ばすことができますよ。

衣装提供:GapFit モデル/ヤハラリカ 撮影/山上忠 ヘア&メイク/斉藤節子 取材・文/野口美奈子

連載・関連記事

  1. 姿勢を直せば筋トレよりやせる! 1日50秒でできる「タテ伸びモーション」

  2. 筋トレや食事制限はいらない! 50秒でできる究極のラクやせエクサ

日高 靖夫

日高 靖夫

心と体のパーソナルトレーナー。世界的に有名な大手スポーツクラブでテクニカルチーフトレーナーを務め、10年間で5000人以上の指導経験を持つ個人指導のスペシャリスト。2014年に独立し、現在は神奈川県・葉山で会員数限定のパーソナルトレーニングジムY’S BODY FACTORYを運営する。運動生理学、骨格構造学、心理学、脳科学、コーチングを融合した独自のダイエット法やボディメイク術をベースに女優、モデル、アスリートなど体への意識の高い40歳以上のクライアントを数多くサポートしている。著書に『タテ伸びモーションでマイナス10才 愛され美ボディメイク』(秀和システム)。
Y’S BODY FACTORY:http://ysbodyfactory.com/

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    61
  1. 姿勢

関連記事

  1. Fitness筋トレが苦手でもOK! 50秒でやせボディを作る「タテ伸びモーション」

    筋トレが苦手でもOK! 50秒でやせボディを作る「タテ伸びモーション」

    27
  2. Fitness筋トレや食事制限はいらない! 50秒でできる究極のラクやせエクサ

    筋トレや食事制限はいらない! 50秒でできる究極のラクやせエクサ

    56
  3. Fitness姿勢を直せば筋トレよりやせる! 1日50秒でできる「タテ伸びモーション」

    姿勢を直せば筋トレよりやせる! 1日50秒でできる「タテ伸びモーション」

    107
  4. Fitness背骨が伸びるとやる気もアップ!「慢性疲労を解消する」ピラティス・プログラム

    背骨が伸びるとやる気もアップ!「慢性疲労を解消する」ピラティス・プログラム

    24

あわせて読みたい

Pickup