FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    48

ひじきと納豆の和風マリネ

今回の食材は納豆。納豆は、火を通してチャーハンなどにするのもおいしいけど、腸活には火で炒めるよりそのまま食べたほうがよいそうです! 今日は、管理栄養士のエダジュンさんに腸活におすすめの「ひじきと納豆の和風マリネ」を教えていただきます。これはご飯にかけて食べたい一品です。


体がよろこぶご飯のお供「ひじきと納豆の和風マリネ」

ひじきと納豆の和風マリネ

こんにちは。管理栄養士のエダジュンです。
本日の腸活レシピの食材は「納豆」に注目しました!

ひじきをガーリック風味に炒めて、赤パプリカの歯応えもとってもおいしいです。納豆は火で炒めると、納豆菌が弱まってしまうので、粗熱がとれてから混ぜるのがポイントです!

マリネと言っておりますが、つけ込む時間は不要です。和えて完成です。そのまま食べてもおいしいのですが、冷奴やご飯のおかずにもぴったりです!
ぜひ作ってみてくださいね。

<材料 1〜2人分>
・ひじき(乾燥) 大さじ2
・納豆 1パック
・赤パプリカ 1/4個
・オリーブオイル 大さじ1
・にんにく(みじん切り) 1/ 2 かけ(7g)
・しょうゆ 小さじ1
・ポン酢 大さじ1

<作り方>
1.ひじきはぬるま湯で戻し、水けをきる。納豆は混ぜる。
赤パプリカは横半分に切り、薄切りにする。

フライパンにひじき、ニンニク、赤パプリカを入れる

2.フライパンにオリーブオイルをひき、弱火でにんにくを炒める。にんにくの香りがたってきたら、中火でひじきと赤パプリカを炒める。途中しょうゆとポン酢で味つけをして、粗熱をとる。

フライパンにひじき、ニンニク、赤パプリカを入れて炒める

3.(2)の粗熱がとれたら、ボウルに全材料を入れて和える。

 

!!栄養メモ!!
納豆は「大豆」でできているので、オリゴ糖が含まれております。オリゴ糖は、善玉菌のエサとなるので、腸内細菌を増やしてくれます。
また、納豆には「納豆菌」が含まれています。その納豆菌は、生きたまま腸内まで届いてくれます。ほかの乳酸菌は、胃に入った段階で、胃酸にやられてしまい、生きたまま届かない場合があったりします。
納豆菌は、高温に弱いと言われておりますので、生のままで食べるのがおすすめです。ぜひいつもの食卓にとり入れてみてくださいね。

連載・関連記事

  1. 水菜で腸活! 無限に食べられる、シャキシャキ食感の「水菜とのりのムッチムサラダ」

  2. ブロッコリーで腸活!止まらないおいしさ「ブロッコリーのアーリオオーリオ」

  3. キャベツで腸活!やみつき、止まらないおいしさ「キャベツとわかめのピリ辛和え」

エダジュン

エダジュン

料理研究家。管理栄養士。Soup Stock Tokyoにて本社勤務を経験したのち、料理研究家として独立。「パクチーボーイ」の愛称で書籍や雑誌、イベントやTV出演。またレシピ開発、料理教室主催、社員食堂のプロデュースなど幅広く活躍。ワクワクする料理・レシピが人気。著書に『クセになる! パクチーレシピブック』(PARCO出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)がある。

ホームページ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    48

関連記事

  1. Dietパスタで手軽に腸活! さっぱりおいしい「豚肉と白菜漬けのマヨポン冷製パスタ」#腸活レシピ

    パスタで手軽に腸活! さっぱりおいしい「豚肉と白菜漬けのマヨポン冷製パスタ」#腸活レシピ

    10
  2. Dietダイエット中に食べたい! 腹持ちがいい「オートミールdeキムチチヂミ」#腸活レシピ

    ダイエット中に食べたい! 腹持ちがいい「オートミールdeキムチチヂミ」#腸活レシピ

    23
  3. Dietオートミールの新しい食べ方!  モチモチ食感の「オートミールとアボカドの梅ごまナムル」#腸活レシピ

    オートミールの新しい食べ方! モチモチ食感の「オートミールとアボカドの梅ごまナムル」#腸活レシピ

    12
  4. Diet簡単!  保存袋に入れてもむだけ「アールグレイのバナナジェラート風」#腸活レシピ

    簡単! 保存袋に入れてもむだけ「アールグレイのバナナジェラート風」#腸活レシピ

    14

あわせて読みたい

Pickup