FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  1. Share

  2. お気に入り

    28

ごぼうのゆずこしょうフリット

ごぼうの歯ごたえがやみつきになる。ゆずこしょうが効いたさっぱりおいしい炒めものです。今日は、管理栄養士のエダジュンさんに腸活におすすめの「ごぼうのゆずこしょうフリット」を教えていただきます。


お酒のおつまみやご飯のお供に「ごぼうのゆずこしょうフリット」

ごぼうのゆずこしょうフリット

こんにちは、管理栄養士のエダジュンです。
本日の腸活食材は「ごぼう」です。

今日は和の食材のゆずこしょうをまとって、キリッとした味わいに仕上げました。植物性のオリーブオイルで揚げ焼きにしたので、罪悪感なく食べ進められます。最初はそのまま食べて、途中で、つけ汁が残っていると思うので、お好み量かけてみてください! ぽりぽりっとした食感を楽しみながら、おかずやおつまみにとり入れてみてくださいね。

<材料 作りやすい量>
・ごぼう 1本
・片栗粉 大さじ2
・オリーブオイル 大さじ3

(A)
・柚子胡椒 小さじ1/4
・しょうゆ 大さじ1
・みりん 小さじ2

<作り方>

1.ごぼうは皮をそぎ、7cmほどの長さに切り、縦4等分にする。

ごぼうを4等分にしてAを合わせる

2.ボウルに(1)と(A)を合わせて、10分ほど漬ける。

ごぼうの汁気をきり、片栗粉をまぶしてフライパンでオリーブオイルをひき焼く

3.(2)のごぼうの汁気をきり、片栗粉をまぶす。フライパンにオリーブオイルをひき、中火でごぼうがきつね色になるまで全面を焼く。

ごぼうのゆずこしょうフリットを箸でつかんでいる
最初はそのまま食べて。工程2で作ったつけ汁(A)をかければ、二度おいしい!

!!栄養メモ!!
ごぼうは「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」どちらも含まれています。不溶性食物繊維は腸の中で食品の水分を吸収してふくらみ、腸壁を刺激して、便の排出を促してくれます。水溶性食物繊維は腸内細菌のエサになり、腸内環境を整えてくれます。ごぼうは皮の部分にこそ、栄養がギュッと詰まっているので、泥などをしっかりと洗って、使いましょう。また、食物繊維は油と一緒にとると、腸でコーティングされて、便のすべりがよくなると言われています。今回は良質な油と一緒に調理しています。

エダジュン

エダジュン

料理研究家。管理栄養士。Soup Stock Tokyoにて本社勤務を経験したのち、料理研究家として独立。「パクチーボーイ」の愛称で書籍や雑誌、イベントやTV出演。またレシピ開発、料理教室主催、社員食堂のプロデュースなど幅広く活躍。ワクワクする料理・レシピが人気。著書に『クセになる! パクチーレシピブック』(PARCO出版)、『野菜たっぷり具だくさんの主役スープ150』(誠文堂新光社)がある。

ホームページ

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    28

関連記事

  1. Dietしめじで腸活! 冷え症や風邪予防におすすめ「豆腐のしょうがしめじあんかけ」

    しめじで腸活! 冷え症や風邪予防におすすめ「豆腐のしょうがしめじあんかけ」

    24
  2. Diet切り干し大根で腸活! ポリポリ食感がやみつきになる「切り干し大根のねぎ塩和え」

    切り干し大根で腸活! ポリポリ食感がやみつきになる「切り干し大根のねぎ塩和え」

    30
  3. Dietアスパラガスで腸活!家族みんながモリモリ食べちゃう「アスパラのカレー肉巻き」

    アスパラガスで腸活!家族みんながモリモリ食べちゃう「アスパラのカレー肉巻き」

    17
  4. Dietこんにゃくで腸活! ヘルシーなのに大満足「テリっテリ!こんにゃくの肉巻き」

    こんにゃくで腸活! ヘルシーなのに大満足「テリっテリ!こんにゃくの肉巻き」

    11

あわせて読みたい

Pickup