FYTTE

Beauty
CATEGORY : ビューティ |スキンケア

【洗顔美容】洗顔不足は肌トラブルの要因に!キレイな素肌を保つための洗顔とは?

Share
泡を顔にのせて洗顔している

皆さん日ごろの洗顔はどのように行っていますか? 肌に悩みを持ったお客さまのお話を聞いていたり、テレビなどを見ていると「洗顔しすぎたらダメって聞くから洗顔をしていません」「刺激になるので朝は洗顔フォームを使わずにぬるま湯で流すだけ」という人が多いです。そこで今回はキレイな素肌を保つための洗顔法をご紹介します。

監修 : 寒川 あゆみ (美容家)

大阪谷町九丁目エステサロンprivate salon Laule'a代表。自身のコンプレックスから美容、エステティックの道へ。サロン業の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。

Contents 目次

洗顔の目的は?洗顔不足は肌トラブルの原因に

水で顔を洗っている女性

洗顔の目的を理解していますか? クレンジングはメイクなどの落ちにくい汚れを溶かし、浮かせるものです。洗顔は落ちきれていないメイク汚れや毛穴につまる皮脂汚れを洗顔料を使って落としていきます。

寝ている間も汗や皮脂の分泌はもちろん、空気中に含まれるホコリなどの汚れが肌についているので、朝も洗顔料を使って落とすのが理想的です。

洗顔をせずに汚れが肌に残ると汗や皮脂、メイク汚れが肌表面や毛穴に残り、空気に触れて酸化します。その蓄積で「くすみ」「黒ずみ」「ザラつき」「肌のキメが荒い」「ニキビ」「吹き出物」などの肌トラブルを起こします。

こういった肌トラブルを気にしている人ほど、「洗顔がきちんとできていない」「朝は洗顔料を使わずにぬるま湯で流しているだけ」という人が多いように思います。

「洗顔をやりすぎない」の意味を理解しよう!

泡で洗顔をしている女性

「くすみ」「黒ずみ」「ザラつき」「肌のキメが荒い」「ニキビ」「吹き出物」などの肌トラブルが気になるからといって、以下のような洗顔をしていませんか?

・ゴシゴシこするように洗っている
・2回も3回も洗顔フォームで洗顔をしている
・長い時間顔を洗っている
・熱いお湯で洗い流している

これらに当てはまると「洗顔のやりすぎ」になってしまいます。
必要以上にゴシゴシすると肌を傷つけ、長時間の洗顔や熱いお湯によって必要な皮脂まで奪いとってしまうので乾燥しやすくなるのです。

次に理想的な洗顔法をご紹介するので参考にしてみてください。

キレイな素肌を保つための洗顔法

タオルで顔をふいている

(1)さっとぬるま湯もしくは水で顔を洗い流す

手のひらにのせたもこもこの泡

(2)洗顔フォームまたは石けんを泡立てネットで泡立てる

泡を顔にのせて洗顔している

(3)泡を顔にのせて、顔と手がふれずに、泡をつぶさないように約30秒転がす

タオルで顔をふいている

(4)ぬるま湯~お水で肌の泡をやさしくていねいに洗い残しのないように流す

キメ細かい泡が肌表面や毛穴に入り込み、皮脂や毛穴に残った汚れを浮かせてくれるので、過剰にゴシゴシしたり、長時間洗顔をする必要はありません。また、洗いっぱなしや化粧水や乳液、クリームを少ししかつけない、スキンケア不足も乾燥や肌トラブルの原因になるのでたっぷりと保湿を行うことがキレイな素肌を作る秘訣です。

関連記事

  1. Beauty大切なのは「保湿」よりも「肌のバリア機能改善」! 30代後半から見直したい美肌のためのスキンケア

    大切なのは「保湿」よりも「肌のバリア機能改善」! 30代後半から見直したい美肌のためのスキンケア

    0
  2. Beautyどちらの泡洗顔が好み? 肌がゆらぎやすい季節は泡立ていらずの洗顔料でやさしく洗おう!

    どちらの泡洗顔が好み? 肌がゆらぎやすい季節は泡立ていらずの洗顔料でやさしく洗おう!

    0
  3. Beauty肌のベタベタや汚れがスッキリ! 肌にやさしい洗顔方法とメイクに合わせたクレンジングの選び方

    肌のベタベタや汚れがスッキリ! 肌にやさしい洗顔方法とメイクに合わせたクレンジングの選び方

    0
  4. Beauty自分自身を大切に♡ ご自愛アイテム「石けん」でいたわりケアをはじめてみない?

    自分自身を大切に♡ ご自愛アイテム「石けん」でいたわりケアをはじめてみない?

    10

おすすめの記事PICK UP