FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

  • Diet

    おいしく食べてデトックス!ピリッと辛いれんこん入り菌活キムチスープ

  1. Share

  2. お気に入り

    9

れんこん入りの菌活キムチスープの完成イメージ

本格的な秋の到来とともに朝晩の気温がグッと下がり、少し肌寒く感じるようになりました。そんなとき、飲みたくなるのが温かいスープ。普段の食事に菌活スープを活用すれば、「おいしく食べてやせる」ことが可能に! 今回は、れんこん入りの菌活キムチスープの作り方をご紹介します。


菌活スッキリスープとは

菌活スッキリスープの材料例

菌活スッキリスープとは、発酵食品やきのこ類などの「菌」を使ったスープのこと。「菌」とはみそや塩麹、キムチやチーズ、ヨーグルトなどの発酵食品やきのこ類のことです。
オリジナルのスープや市販のスープにこれらの食材をプラスするだけでもダイエット効果がアップ!

れんこんは食物繊維が豊富。すりおろすことで、とろみが出て満足感にもつながります。さといもも加わって、デトックス効果もアップ! さらにキムチには乳酸菌が多く含まれているため、腸活をサポートしてくれます。

れんこん入り菌活キムチスープ(1杯あたり約128kcal)

れんこん入りの菌活キムチスープの完成イメージ

■材料(4杯分)■
さといも:200g
れんこん:200g
にんにく:1片
小ねぎ:20g
ごま油:大さじ1
白菜キムチ:180g
だし汁:2と1/2カップ
ツナ缶:2缶(140g)

<A>
・酒:大さじ1
・みりん:小さじ2
・しょうゆ:大さじ1

■作り方■
(1)さといもは皮をむいて、ひと口大に切る。れんこんは半分をいちょう切りにし、残りはすりおろす。
(2)にんにくはスライスし、小ねぎは3~4cmの長さに切る。
(3)鍋にごま油とにんにくを入れて弱火にかける。香りがしてきたら中火にして、さといもといちょう切りしたれんこんを加え炒める。
(4)白菜キムチも加え炒め、だし汁とツナ缶とすりおろしたれんこんも加える。沸騰したら、あくをとり除きながら中火で10~12分煮る。
(5)小ねぎも加え混ぜ、Aで味をととのえる。そして2~3分煮る。

<もの足りないときは…>
焼いたおもちを入れてお雑煮風にしたり、ごはんを入れておじや風にしてもおいしくいただけます。

撮影/矢野宗利 文/FYTTE編集部

連載・関連記事

  1. おいしく食べてキレイやせ!「菌活ミルクみそスープ」のつくり方

  2. 体がポカポカに!代謝が上がるさば缶と小松菜の菌活スープの作り方

  3. ぽっこりお腹でお悩みなら!なすとモロヘイヤの菌活スープはいかが?

大越 郷子

管理栄養士、フードコーディネーター。服部栄養専門学校卒業後、病院栄養士を経て現在に至る。雑誌や書籍を中心としたダイエット・健康・美容などの栄養指導など幅広く活躍。体によくておいしいレシピに定評がある。

//
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

Share

  1. Share

  2. お気に入り

    9
  1. 菌活

関連記事

  1. Diet心も体もほっと安らぐ!根菜とちくわぶの具だくさん菌活みそ汁

    心も体もほっと安らぐ!根菜とちくわぶの具だくさん菌活みそ汁

    3
  2. Diet不足しがちな食物繊維を補える!ごぼうとひじきの菌活みそポタージュスープ

    不足しがちな食物繊維を補える!ごぼうとひじきの菌活みそポタージュスープ

    6
  3. Diet食欲そそるカレー風味!ヨーグルト&トマトの冷製菌活スープの作り方

    食欲そそるカレー風味!ヨーグルト&トマトの冷製菌活スープの作り方

    7
  4. Dietおいしく食べてキレイやせ!「菌活ミルクみそスープ」のつくり方

    おいしく食べてキレイやせ!「菌活ミルクみそスープ」のつくり方

    25

あわせて読みたい

Pickup