FYTTEフィッテ

もっと、ずっと、ヘルシーな私

上野水香 (うえの・みずか)

上野水香 (うえの・みずか)(東京バレエ団・プリンシパル)

5歳よりバレエを始める。1989年埼玉全国舞踊コンクール、ジュニアの部第1位。93年、15歳でローザンヌ国際バレエコンクールにてスカラシップ賞を受賞した後、モナコのプリンセス・グレース・クラシック・ダンス・アカデミーに2年間留学。主席で卒業後、帰国し、古典全幕作品やローラン・プティ作品に数々主演。2004年、東京バレエ団に入団。『ドン・キホーテ』キトリ、『白鳥の湖』オデット/オディール、『眠れる森の美女』オーロラ姫、『ラ・バヤデール』ニキヤ、『ジゼル』ジゼルなど、数々の作品で主演。故モーリス・ベジャールの名作『ボレロ』では、日本人女性でただひとり“メロディ”を踊ることを許されたダンサーとしても知られる。『東急ジルベスターコンサート2020-2021』(2020年12月31日)、『ニューイヤー祝祭ガラ』(2021年1月9日)に出演予定。

監修記事一覧はこちらです。

Pickup